ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

手打ちを直す方法

手打ちのゴルフスイングとは、手(腕)の動きと体の動きがバラバラで体重移動が伴っていないスイングのことを言います。

手や腕だけでクラブをひょいと持ち上げて、ボールを打つ・・・それの何が問題かというと、それは体重移動がその腕や手だけの動きだけでは伴わないから・・・だと思うんです。

野球のピッチャーは手や腕だけで速いボールを投げられません・・やはり体の動きというものがそこに伴わなければ、速いボールは投げられないと思うんです。

ゴルフも同じだと思います。

ただ、手打ちを直すのは、そんなに難しいことではないのかも・・知れません。

手打ちを直す鍵は体重移動

極端な話をしますが、手打ちの方の場合、胸が正面を向いたまま腕だけを上げようとされます。

この形だと(大袈裟に言いますが)体が動きませんので・・・体重も右足へと移動するのがとても難しいです・・。

体重を移動するのって実は簡単だと思うんです。
でも、それにはちょっとしたコツがあったりします・・。

以前にもご紹介したことがありますが、ちょっとした実験をしてみたいと思います。もしそばにクラブがあれば、是非、ご一緒に・・。

まず、背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。
アイアンを持ちます。(何番でも結構です)

次にそのアイアンをいつも通りに握って、腕を前に伸ばして、グリップが胸の正面に来るようにしてください。

1)ボールが胸の高さにあると思って、前傾姿勢はとらず・・・そのボールを打つと思ってバックスイングしてみてください。

この時、胸はできるだけ正面を向けたまま、バックスイングしてみてください。

これは極端な手打ち・・・ですが、この時バックスイングのトップで体重は殆ど右足に移動されていないと思います。

これが手打ちが飛ばない理由だと思います。

2)今度は同じような形で胸を右に回転させるようにしてバックスイングしてください。前傾はしなくて結構です。

胸を右に回転させるようにすると、最初の1)の時に比べると、右足にもっと体重が乗ったと思います。

3)最後にもう1つ試していただきたいことがあります。

今後はまた同じような形ですが、真っ直ぐ立って、腕を伸ばした後に、右肩を少しだけ左肩よりも下げてみてください。

そうすると若干背骨が右に傾きます。

そうしたら、その背骨の傾きを維持したまま・・・2)と同じようにバックスイングしてみてください。

こうするとバックスイングのトップで右足にしっかりと体重が乗ると思います。

このような形にするとヘッドスピードは上がります。後はインパクトでフェースがスクウェアなら、ボールはよく飛びます。

フェースの向きについてはグリップで調整してゆきますが、今回は省きたいと思います。

腕を振るより、回転する

手打ちを直すには、手や腕を振るという感覚を一旦忘れてしまって、体を右に回転させる・・・という意識でスイングしてみることだと思います。

その時大切なのが、アドレスでの背骨の右への傾きとその傾きを維持したまま素直に回転してあげる・・・ということだと思います。

何故アドレスで背骨が若干右に傾くか・・・というと、グリップを握る際に右手が左手の下に来るから・・・です。

左手より、右手を下にすると右肩は少し下がって背骨が右に傾きます。

ところが・・・この姿勢は辛いですから・・・多くのゴルファーのみなさんは背骨を垂直にしたまま構えようとされます。

このように構えると、肩が開いて、グリップはウィークグリップになりやすくなります。

反対にフックを打っている方は右肩が下がり過ぎている・・・のですが・・。

ただ、いずれにしても、アドレスで右肩を(右手が左手の下に来る分だけ)しっかりと下げて、背骨が右に少し傾いたら、後はその傾きを維持したまま、体を回転させてみます。

その体の動きに引っ張られるようにして、腕を振る・・・手打ちの方はそのような意識でもいいのかも・・知れません。

足踏みするようにスイングする

ここまで手打ちを直す方法を見てきましたが、練習場などで簡単にできる手打ちを直すための練習方法がありますので、ご紹介させていただきたいと思います。

1)まずミドルアイアンなどを持っていつもの通り構えます。ボールは必要ありません
2)テークバックをはじめる前に右足を少しだけ地面から浮かせます、そして、その右足を踏み込むのと同時にテークバックをスタートします
3)テークバックをスタートしたら、今度は左足を地面から少しだけ浮かせます。左足のかかとだけではなくて、左足が全体的に地面から浮くようにします
4)ダウンスイングはその浮かせた左足を踏み込むようにしてスタートさせます
5)フォロースルーでは右足を完全に地面から浮かせるようにしてみます

とても簡単な練習ですが、体重移動のよい練習になったり、手打ちをされている方にもよい矯正方法になると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。