ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

フックをフェースを開いて防止する

フックボールが癖になってしまうと、思い切って振れなくなったりします。

インパクトで躊躇したり・・・でもそれが余計フックを悪化させることもあって・・。

話は変わりますが・・ゴルフの帝王と言われたジャック・ニクラウスは彼のコーチ、ジム・フリックにアドレスでのフェースの向きに関して聞かれました。

ニクラウスの答えは僕にとっても意外でした。その彼の答えとは・・・。

フェースは少し開いておく

ニクラウスはこんな風に答えたのだと言います:

「アドレスでフェースをスクウェアやクローズにして上手くいったことがあまりない」

ジャック・ニクラウスはつまりメジャー大会であれだけ勝っていた時もアドレスでフェースをオープンにして構えていた・・・ということになります。

実はPGAツアーでもフックを予防するために、フェースをアドレスで少しだけオープンにして構えるプロもいます。

PGAツアーのパーオン率でトップに輝いたアイアンの名手にジョー・デュラント(Joe Durant)という選手がいました。その彼もアドレスでフェースをオープンにすると言っています。

ニクラウスはさらに面白い点を指摘しています。

ゴルファーはアドレスではフェースをボールから少しだけ離して構えます。

ボールにフェースをつけながらアドレスをとることは出来ませんから・・・当たり前と言えば当たり前・・です。

インパクトではフェースがスクウェアになっていることが必要ですが、ニクラウスはアドレスの時点、つまりフェースをボールから少しだけ離した時点ではほんの少しだけオープンになっているはずだと言います

アドレスの時点でスクウェアであれば、インパクトでややクローズになってしまい、フックが出やすくなる・・と。

とても面白いことを指摘されるのだなぁ・・・と思いました。

フックボールに悩まされている方はニクラウスのように、アドレスで少しだけフェースをオープンにして構える・・・という方法も試してみる価値はあるのかも・・知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。