ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

フックボールとグリップの直し方

フックボールの直し方については今までにもトラブル解決編フックボールの直し方でご紹介させていただいてきましたが、今回はグリップについて少し書かせていただきたいと思います。(グリップについてはゴルフ基礎編も参照ください)

フックグリップを直してフックボールを止める

フックボールを直すのに一番効果的なのはグリップを見直すこと・・・だと思います。

多くの場合、フックグリップを直してあげることで問題は解決したりします。それでも解決しない場合は別に原因があるか、本当の意味でグリップが直っていないのかも・・知れません。

「本当の意味でグリップが直っていない」・・・それは例えば、アライメント(アドレスの向き)に関係していたりするかも知れません。

両足のラインや両肩のライン、腰のラインなどがターゲットラインに対して平行になっていなければ、そもそも、自分のグリップが本当の意味でフックなのかウィークなのか・・・ということがわかりません・・。

グリップを変えるという作業は簡単なようで難しいと思うんです。

今までの慣れ親しんだ握り方を変えるのは大変です。変えた時の感覚が嫌だったりして・・。

ただ、その感覚をあまり変えずにフックグリップを直す方法もあります。

その方法ですが・・・それは、フェースをわずかに開いた状態でいつも通りにグリップを握ること・・・です。握り方は変えずにフェースを開いた状態でグリップを握ります。

グリップした後はフェースがターゲットに対して開いているわけですから、このフェースをターゲットに向けてあげます。この際、握ったグリップの形などは変えません。

クラブを握ったままでフェースの向きを変えてみます。こうすると、フックグリップを少しだけウィークにしたことになります。

フックグリップを直そうとした時、グリップを少しウィークにすることに対して抵抗を感じる方もいらっしゃいますが、この方法だと案外簡単にグリップを変えられます。

フェースをどれだけ開いてから構えるのか・・・ですが、それはボールを打ちながら調整してゆくといいかも知れません。打っては調整して、打ってはまた微調整して・・・という感じで自分にあったグリップを見つけてゆきます。

左手の甲をターゲットに向けてセットしてからグリップする

フックボールを直すためにグリップを少しウィークグリップにするということはとてもいい方法だと思うんです。

その時のもう1つのグリップ方法ですが、左手の甲に注目してみるのもよいと思います。

具体的には、構えてさぁ、テークバック・・・という時に一度グリップから両手を少し離します。

そして、左手の甲をターゲットに向くようにして、その状態からもう一度握り直してみます。このように左手の甲がターゲットを向いた状態でグリップすると、ほどよいウィークグリップと言いましょうか・・・そんな形になりやすいように思います。

左手を握ったら、その左手に合せるようにして右手を握ってゆきます。

この際、右手だけとてもストロングに握っている方もいらっしゃいますので・・・右手のグリップは左手と平行になるような意識を持つとよいかと思います。

これについてはグリップの握り方:両手の平は平行にを参照していただければ幸いです。

さて、これで両手のグリップが出来上がりました。

アドレス時に左手の甲がターゲットを向いているわけですが、フックボールを直すには、インパクトでもその状態、つまり、左手の甲をターゲットに向ける意識でスイングしてみてもいいのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。