ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンを上から打ち込んでしまうために飛距離が出ない

以前、アイアンはダウンブローで打つ?それとも横から払い打つ?という記事を書かせていただいたことがありました。

その時は、アイアンをダウンブローで打った方がいい結果になりやすいケースや、横から払い打った方がいいケースなどについてご紹介しました。

今回は、ダウンブローというよりも、どちらかというと、上から打ち込んでしまっているようなケースについて、考えてみたいと思います。

ダウンブローというのは、ヘッドが緩やかに下降してきてボールを捉えるような打ち方ですが、ヘッドがもっと急な角度で、大袈裟に言うと、上から打ち込むような形になってしまうと、飛距離が落ちてしまうことがあります。

横から払い打ってみる・・・ができないのは?

こんな時は、上からではなくて、ボールを横から払い打つ形にしてみると、飛距離がぐんと伸びることがあります。

ただ、それはわかっていてもできない・・・ということがあります。

その原因の一つは横から払い打とうとすると、スライスが出てしまうから・・・かも知れません。

前回のアウトサイドインのゴルフスイング(の軌道)を直す方法でご紹介したことと同じようなケースなのですが、上から打ち込んでいるのはスライスをおさえるため・・・ということがあるかも知れません。

何故上から打ち込むとスライスがおさえられるか・・・ということですが、スライスを直すにはフェースがインパクトで開かないようにしなくてはいけません。

このためにできることがいくつかありますが、それにはグリップを変えてゆく必要があります。グリップは癖になっているケースが多く、変えようとするとすごく違和感があると言いましょうか、グリップを変えるのは結構大変だと思うんです。

そこでついやってしまうのが、振り方(スイング)を変えることでスライスを直そうとすること・・・です。

そのためには、アウトサイドインのような形で(カットスイングのような形)で振る必要があります。

そのように思い切ってダウンスイングで右肩を前に出して飛球線の外側から内側に向かってクラブヘッドを振ることで(アウトサイドインで振ることで)、フェースは開かなくなることがあります。

ただ、ボールは左に真っ直ぐに飛ぶので(引っ掛け)、今度はそれを修正するために右を向く必要があります。

ゴルファーの方の殆どはスライサーだと言われています。また、多くの方は右を向いて構えています。これもどこかで関係しているのかも・・・知れません。

これでとりあえずはスライスが改善されるのですが(ただ実際には本当の意味で直っていないので、場合によってはスライスが出ます)、このようにアウトサイドインで振ろうとすると、スイングの軌道がスティープ(鋭角)になりがちです。

つまり、上から打ち込むスイングになりやすい・・・ということになります。

このように理由があって打ち込んでいるケースの場合は、ボールを横から払い打とうとすることで、スライスが悪化することがあります。

こうなると、横から払い打つなんて自分には向いていないと・・・思ってしまうかも、知れません。

ただ、実際には、横から払い打てない理由がどこかにあるのだと思うんです。そこを見つけて修正することで飛距離が劇的に伸びる・・・というケースはとても多いです。

これについてはスライスの直し方でより詳しくご紹介していますので、今回はこの辺にしたいと思います。

横から払い打ってみる

さて、根本的な原因を直したとしても・・・すぐに上から打ち込む癖が直らないこともあるかも知れません。

体が上から打ち込むことに慣れてしまって、そのスイングが癖になっているようなケースもあります。

そこでボールを上から打ち込むのではなく・・・横から払い打つためにできることについて少し見てみたいと思います。

1)ボールの見方を変える

これも以前に何度かご紹介させていただいたことがありますが、まず、簡単にできることの1つがボールの見方を変える・・・ということになります。

ゴルフを始めたばかりの方はボールを上から見下ろすような形で見ているケースが多いです。

ボールのてっぺんを見ているか、またはボール全体を見ているか・・・

ただ、ゴルフボールが直径1メートルあったと想像してみます。すると、多くの方はその巨大なボールのてっぺんを見て構えたりはしないと思います。

どこを見るかといったら、ボールの真横、これからクラブフェースを当てにゆくスポットを見ると思うんです。

ゴルフボールはもっともっと小さいものですが、同じような形で見てみます。

つまり、構えた時からインパクトまで・・・ボールの真横を見るようにします。

これだけでかなり違ってきます。

2)真横から打つためのドリル

さて、今度はボールを真横から払い打つためのドリルです。

まず、クラブはミドルアイアンを持ちます。7番アイアンなどで構いません。

ボールはティーアップします。できるだけ高くティーアップします。練習場のティーを一番高い位置にセットします。

この状態でボールの真横を見て構えて、ボールの真横を見ながら打ってゆきます。

この時、フルスイングしてしまうと、つい上から打ち込んでしまうかも知れませんので・・・ハーフスイングにして、ボールを真横からパシーンと打ってみます。

フォロースルーも最後まで振らずに、両手がせいぜい肩の高さに来たところでとめてみます。

このような形でボールを打ってゆくことで少しづつ真横から振る感覚がつかめるかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。