ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

軽量ドライバーは飛距離アップにつながるかどうか?

軽いクラブの方が重いクラブよりも速く振れることは確かです。

ですから、ゴルフショップなどで軽量ドライバーにしたら飛距離も伸びますよ・・・なんて言われるかも知れません。

確かに人によってはそうかも知れません。

重すぎるドライバーを使っていたような場合です。

しかし、一般的には軽量ドライバーを使うことによって飛距離を落としてしまうことの方が多いようです。

それには3つの理由があります。

1.ヘッド重量とインパクト

クラブの重量、ヘッドの重量というのはインパクトでボールに与える衝撃の大きさに深く関係してきます。

ボールにより大きなエネルギーを伝えるには、ヘッドが重い方が有利です

軽量ドライバーの中でも例えば5グラムとか10グラムといったわずかな差の場合はあまり深く考えなくてもよいかも知れません。

しかし、これが50グラムを超えるような軽量化をされたドライバーの場合、ボールに伝えられるエネルギーも減少します。

そのため、飛距離も思ったように伸びない・・・となるのです。

軽ければいいというわけではなくて・・大切なのは自分にちょうどよい重さです。

扱える範囲で少し重いかなと思う程度のドライバーの方が飛距離はアップするはずです。

2.トップの大きさ

軽すぎるドライバーの場合、トップが浅くなる傾向があります。

逆に重すぎるとトップが深くなりすぎる、つまりオーバースイングを招いてしまう傾向があるようです。

軽量ドライバーを使った場合、トップが浅くなってしまい、ヘッドスピードが上がらない・・・ということもあるようです。

3.重さに対する慣れ

軽量ドライバーを使って最初は速く振れるような気持ちになるかも知れませんが、これをずっと使っているとその重さになれる・・・ということがあると指摘する専門家もいます。

こういった3つのポイントを考えるとやはり軽すぎるドライバーはあまりおすすめできません。

自分が振れる範囲である程度の重量があった方が飛距離は伸びると僕は思っています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。