ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

シャフト、N.S.PRO 950GHとダイナミックゴールドの違いを比較しよう

今回はアイアンのスチールシャフトの中でも、ベストセラー、そして、ロングセラーとなった2つの人気モデル、「N.S.PRO 950GH」と「ダイナミックゴールド」の違いについて比較してみたいと思います。

※ご紹介している数値、スペックは変更になる場合があります

目次

1.重さ
2.弾道の高さ
3.どこの国の会社?
4.どちらがおすすめか?

1.重さ

軽量スチールとして支持されてきたN.S.PRO 950GH
重く、プロが好んで使ったダイナミックゴールド

重さは100グラムオーバー(120グラム前後)のダイナミックゴールドに対して、N.S.PRO 950GHは100グラム未満(R~Sのフレックス)です。

N.S.PRO 950GHはスチールシャフトにしてみたいけど、重いのがちょっと・・・というゴルファーの悩みを解消してくれたシャフト。

一方、ダイナミックゴールドはスチールシャフトの代名詞的な存在として、多くのプロや上級者に支持されてきたシャフトです。

ダイナミックゴールドには、それぞれのフレックス(R、S、X)に100、200、300といった表記がされていることがありますが、これは同じフレックスでも重量を変えるというサブフレックスというものを設けているためです。

例えば、同じS(フレックス)でも、S200よりもS300の方が重いです。

2.弾道の高さ

中弾道を求める人向けのN.S.PRO 950GH
弾道の高さを抑えたい人向けのダイナミックゴールド

N.S.PRO 950GHは中調子(キックポイント(元調子・先調子)とその選び方について参照)のため、中弾道を求める人向き。

一方、ダイナミックゴールドは元調子で弾道の高さを抑えたい人向けと言えると思います。

3.どこの国の会社?

N.S.PRO 950GHは日本
ダイナミックゴールドはアメリカ

N.S.PRO 950GHは日本の横浜市でスタートした会社、日本シャフト株式会社が製造しているシャフトになります。

1999年に販売が開始されたベストセラーです。

一方、ダイナミックゴールドは、アメリカ・オハイオ州で創業した会社(当時はAmerican Fork & Hoe社)、トゥルーテンパースポーツが開発したシャフトです。

こちらは、1980年に発売されたロングセラーです。

4.どちらがおすすめか?

ここまで、「N.S.PRO 950GH」と「ダイナミックゴールド」について見てきました。

最後に(アイアンに装着する場合)、どちらのシャフトがどんなゴルファーにおすすめか・・・ということについて考えてみたいと思います。

もっとも、スチールシャフトといってもこの2つ以外の商品もありますし、その中でもおすすめの製品もあります。

ただ、今回、この2つに限ってお伝えすると・・・

1)N.S.PRO 950GHがおすすめ

・初心者・中級者の方
・カーボンシャフトからスチールシャフトに買い換えたい方
・カーボンシャフトだとやや軽いと感じている方
・ヘッドスピードが平均的かやや速い方※(ドライバーのヘッドスピードが38m/s以上の方)

ドライバーの平均飛距離とヘッドスピードの平均値参照

2)ダイナミックゴールドがおすすめ

・中級者・上級者の方
・力のある男性ゴルファー
・ヘッドスピードが速い方※(ドライバーのヘッドスピードが43m/s以上の方)
・ショットの弾道の高さを抑えたい方

ドライバーの平均飛距離とヘッドスピードの平均値参照

ちなみにダイナミックゴールドの適応ヘッドスピードは下記の通り。カッコ内はシャフトのフレックスです。

○ダイナミックゴールドの適応ヘッドスピード
(参考:http://www.truetemper.co.jp)

46m/s~(X), 40~48m/s(S), 35~42m/s(R)

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。