ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ドライバーの平均飛距離とヘッドスピードの平均値

ドライバーの平均飛距離ってやっぱり気になったりします・・。

世界でも有名なレッスン・プロ、デイブ・ペルツ氏が実際にプロとアマチュアのドライバーの平均飛距離を計測しています。そのデータを少し見てみたいと思います。

ドライバーの平均飛距離とフェアウェイキープ率

下記は米PGAツアーのプロ、ハンデ0、10、20、30のそれぞれのゴルファーのドライバーの平均飛距離とフェアウェイキープ率になります。

ゴルファー ドライバーの平均飛距離 フェアウェイキープ率
PGAツアープレーヤー 289ヤード 64%
ハンディキャップ 0 245ヤード 50%
〃 10 218ヤード 48%
〃 20 173ヤード 26%
〃 30 173ヤード 34%

参考:Dave Pelz My New Research on DRIVING, GolfMagazine

随分数字が低いなぁ・・と思われた方もいると思いますが、これは平均飛距離ですので、最大飛距離となるともっと数値は高くなると思います。

アマチュアの場合、ハンデが15以下から数字が急激に良くなるのだそうです。

これはアメリカでの場合で、日本では平均飛距離はやや落ちるかも知れません。

ヘッドスピードの平均値と飛距離の目安

さて、今度はヘッドスピードの平均値をご紹介いたします。下記はダンロップさんが発表されたデータになります。

それぞれのゴルファーのヘッドスピードの平均値とそのヘッドスピードに対する飛距離の目安になります。

ゴルファーのタイプ ヘッドスピード ドライバーの飛距離
(目安)
プロのハードヒッター 48m/s以上 280ヤード前後
アマのハードヒッター及びプロ 43-48m/s未満 240ヤード前後
一般ゴルファー 38-43m/s未満 200ヤード前後
シニア及びやや非力なゴルファー 33-38m/s未満 180ヤード前後
女性ゴルファー 33m/s未満 150ヤード前後

出典:「GOLF CATALOG 2003-2004 AUTUMN & WINTER ダンロップゴルフカタログ」

ご自分のヘッドスピードと照らし合わせてみて・・・例えば、ヘッドスピードの割には飛んでいない・・・ということもあるかも知れません。

それについてはヘッドスピードがそこそこあるのに飛ばないのは何故?でご紹介しておりますので、そちらも参照いただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。