ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

僕が自宅での素振りに使っているおすすめの練習用品

今回は僕が自宅での素振りに使っているゴルフグッズの1つをご紹介したいと思います。

戸建てでお庭のあるお家の方であれば、お庭に出てアイアンからドライバーまで素振りできればそれが一番だと思います。

ただ、僕のように集合住宅であったり、お庭にスイングするスペースが無かったりする方の場合は、なかなか素振りをすることもできなかったりするかも知れません。

僕は30歳で結婚してからずっと集合住宅で、結婚当初に住んでいた小さなアパートには余分なスペースは全くなかったので、その当時はいつもグリップの確認をしたり、アイアンを持ってアドレスを確認するのが習慣でした。

床にボールを置いて、ショートアイアンを構えたら、ボールの位置、両肩を結んだライン、両膝のライン・・・などをよく確認していましたし、それがまたどこか楽しかったのです。

今も集合住宅ですが、少しだけ広いところに引っ越しをして、工夫次第で少し素振りみたいなことができるスペースができました。

重量のある練習用クラブ

僕がよく使う練習グッズの1つが以前にも少しご紹介したことがありましたが、下記の野球のバットの形をした練習グッズです。形状は野球のバットで重さもそれなりにありますが、グリップの部分だけゴルフのグリップになっています。

ライト パワフルスイング

アマゾンで口コミがよくて、ちょうど重さのあるクラブを探していたので、購入して以来・・・・もう何年でしょう・・・結構長く使っていますが、気に入っています。

僕が使っているのが「GF90」というモデルでドライバー用・・・になっているようです。

これでサイズが長さ90センチ、重さがおよそ700グラムです。
結構な重量があるので、トレーニングになります。

長さ90センチというのは・・・サンドウェッジよりも短い程度だと思いますので、ちょっとした空間でも振れるのが嬉しいです。マンションなどにお住まいの方で、サンドウェッジが振れそうなスペースがあれば、このグッズも大丈夫だと思います。

このクラブの他にアイアン用というモデル(GF-80)もあって、そちらはさらに短く、長さが80センチ、重さが630グラム程度ということなので、女性のゴルファーの方にもよいかも・・知れません。

ただ振ってもヘッドスピードは上がるけれど・・・

このグッズでヘッドスピードが上がったと言う方もアマゾンのクチコミを見るといらっしゃるようです。

確かに、振っているだけでもトレーニングになるとは思います。

ただその・・クラブフェースがついていないので、ヘッドスピードは上がっても、ボールが曲がるようになったとか、変な癖がついてしまうということも、もしかしたらあるのかな・・・とは思います。

僕の場合は、このクラブをショートアイアンのように、ハンドファーストで構えて、インパクト(何も打つわけではありませんが、イメージの中のインパクトでは)、やはり同じようにハンドファーストの形でボールを捉えているようなイメージで素振りを繰り返しています。

また、よくやるのは、ドローボールを打つと想定した練習だったり、フェードボールを打つと想定した素振りだったり。

ドローボールの場合は、やや強めのハンドファーストでインパクトでは右手の平、もしくは左手の甲がやや下を向くイメージで振ります。

フェードボールの時は左を向いて構えて、ハンドファーストの度合いはやや弱めに構えて、インパクトでややリリースを遅らせるようなイメージで振ってゆきます。

あくまでもイメージですが、購入当初、とにかく振っていた頃は、少し変な癖がついたような気がしましたので、具体的なボールの弾道に合せた構え方、そして素振りをするようにしています。

そんな風にして、使い方によってはとてもよいトレーニンググッズになるのかなと思います。プレーできない時、練習場に行けない時のトレーニングにもなると思いますので、おすすめです。

いつもお読みいただいて、ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。