ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ボールの位置は左ほお線上が一番力が入る?

ボールの位置というのはゴルフでは非常に重要な要素になります。

なんといっても、ゴルフスイングは最初にスタンスを決めてしまいます。テークバックがはじまったらもう、足の位置は変えられません・・。

そういう意味ではゴルフスイングというのは始動するより以前に、打てる球というのが決まってきます。

さて、ボールの位置(ボールポジション)については、ゴルフ基礎編で詳しくご紹介させていただいてきました。

詳しくはボールの位置 ドライバーからサンドウェッジまで正しいボールの位置とその基準についてなどをご覧下さい。

ただ、そこに書いてあることが基本にはなりますが、ゴルファーによってはそれが当てはまらない場合だってあると思います。

トッププロなどにもボールの位置を一定にする方がよいと考えている方がいます。片山晋吾プロも以前にボールの位置については「左ほお線上が一番力が入るポジションだ」と語っていたことがあります。

これはドライバーからショートアイアンまでの話です。

ドライバーですと、左足かかと線上という考え方が一般的ですが、スタンスが広くなればなるほど、ボールは左寄りになることになります。

そこで、スタンスを基準とするのではなく、左のほおを基準にする・・・というのが片山プロのやり方のようです。

ドライバーを左足寄りに置いていた方にとってはボールが少し中に入るイメージ(右に移動したイメージ)になると思うので、抵抗があるかも知れません。

ただ、強いボール、つかまったボールを打てていないという方はボールの位置を少し右にしてみるのも1つの方法だと思います。

ボールを左胸の前に置く

正しいボールの位置とその基準についてでご紹介したボールの位置というのは、多くのレッスンプロも推奨している位置で世界的に見てもスタンダードに近いと言えると思います。

ただ、僕はそれが正しい位置だと言っているわけではありません。それはあくまでも基準であって、そこからご自分なりにボールの位置を調整してゆく必要があると思うんです。

ボールの位置というのは、体型は勿論、グリップの握り方、アドレスの姿勢やスイングの仕方などによっても当然微妙に変わってくるものだと思います。

僕自身は、正しいボールの位置とその基準についてでご紹介した位置よりもドライバーを除いて、ボール1個程度左に置く形にしています。イメージとしてはボールを左胸の前に置くような形ですね。

本や雑誌に書いてあったことが正しいボールの位置だとは決めつけずに、ご自分なりに試行錯誤してみるのもいいと思うんです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。