ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

ゴルフスイングとグリップの圧力

ある有名なゴルファーが「小鳥を両手で持つようにしてゴルフクラブを握る」・・・と言っていましたが、クラブを握る強さというのは、思うようなショットを打つためには、とても重要な要因になってくると思います。

グリップを強く握り過ぎている・・・ということは、手や腕、体にも力が入っている・・・ということになります。

野球のピッチャーをイメージしてみます。

手や腕にガチガチに力を入れて、投球するピッチャーはいないと思うんです。そんなことをしたら、腕や体をしなやかに使うことができず、体の動きもぎこちなくなりますし、腕を速く振ることもできなくなってしまいます。

ゴルフも同じで、グリップを強く握り過ぎてしまうと、腕や体にも力が入って、手首や腕、体をしなやかに動かすことができなくなってしまいます。

だから、例えば、ドラコンホールなどでガチガチに力が入ってしまうと、むしろいつもよりも飛ばない・・・ということになるのだと思います。

クラブヘッドを速く動かすには、体は適度に力を抜いている必要があると思うんです。

どの位の強さで握るべきか・・・?

ではどの位の強さで握ればいいのでしょうか・・・?

グリップを握る強さでも書かせていただきましたが、僕は「緊張し過ぎず、かといってリラックスし過ぎていない程度が理想」だと思っています。

このグリップを握る強さというのも人によって違っていて、僕は少ししっかり目に握るタイプですが、それがみなさんにも良いとは限りません。人によってその点は違ってくると思うんです。

ただ、力んではだめ・・・だと思います。

硬くなった筋肉は動きが遅くなるからです。力んでいるかどうかというのは腕を触ってみるとわかります。力むとどうしてもグリップを強く握ってしまうものですが、そうすると、腕の筋肉も硬くなります。

ですから、力んだ時こそ、筋肉を緩ませてあげる必要があります。これについてはゴルフと力みでもご紹介していますので、よかったらそちらも参考になさってください。

ただ、日頃から力んでいるとよく指摘される方は、まず、クラブを握った際に、力をグッと入れて握ってみてください。わざと力むわけですね。次にふっと、力を抜きます。

そうすることで、余計な力が抜けますから、グリップも適度に緩く握れていると思います。

ただ、ラフからのショットだけはある程度強めのグリップの圧力と言いましょうか、強めに握ってあげる必要があります。

それに関してはグリップの圧力とラフからのゴルフショットでご紹介しておりますので、よかったら参考になさってください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。