ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ラフからのショットの打ち方

ラフから思うようなショットが打てないという方もいらっしゃるかも・・知れません。

ただ、ラフからのショットの打ち方にはコツがあると思うんです。それがわかってしまえば、案外問題なく打てるようになると思います。

ただ、ラフというのは基本的には、そこに入ってしまうと何かしらのペナルティになるように作ってあるものですから・・・そんなにナイスショット・・・という風にはいかないかも知れませんが・・それなりに打つことができると思うんです。

ラフからのショットとヘッドの入射角度

ラフからのショットは飛距離が落ちたり、うまくボールが打てなかったりすることがよくありますが、その原因はゴルフスイングの入射角度にあることが多い・・・と思います。

普段はこんな風に(↓の図)、ボールを横から払い打つ、もしくはアイアンではゆるやかなダウンブローで打つ方法で良いのですが・・・

ラフに関しては払い打つようなスイングをすると、クラブフェースとボールの間に芝がかなり入ってしまい、芝がクッションとなって、力をボールに伝えるのが困難になります。

そうなると、飛距離が一気に落ちてしまいます。

 

ではラフからはどうやって打てばよいのでしょうか・・・?

それはまず、ゴルフスイングの軌道、入射角度を変えることが必要だと思います。

具体的には緩やかなダウンブローではなくて、もう少し上からクラブヘッドを落としてゆくようなイメージでボールをダウンブローに捉えてゆくことだと思います。

そうすることで、クラブフェースとボールとの間に入る芝を最小限に抑えます。

ヘッドをもっと上から落としてゆくようなイメージで振るので・・・例えば、フェードボールをラフから意図的に打つというのも1つの方法かも知れません。

逆に状況にもよりますが、インサイドからクラブを振って、ボールを横から払い打つようにして打つドローボールはラフに沈んだボールに対しては向いていない・・・ということになると思います。

また、打ち方というのはラフの種類によっても大きく違ってきますので、そういった点も含めて少しご紹介させていただきたいと思います。

ライによる違い

さて、ラフといっても、ボールが置かれている状況は異なってきます。それぞれの状況でどのような点に注意したらいいか・・・ということについて少し考えてみたいと思います。

 

1) ボールが浮いている

ボールが浮いている場合は楽に打てると思います。芝の抵抗も殆どないので、飛距離も落ちません。ただし、ヘッドスピードが速い方はフライヤーが出る場合もあります。

このライであれば、通常の番手でOK。フェアウェイウッドも打てると思います。

 

2) ボールが少しだけ沈んでいる

ボールが少し沈んだ状態だと芝の抵抗を受けますから、1つ大きめの番手を持ってゆっくり振るのもいいと思います。

また、芝がからまってフェースが急激に返ってしまうこともありますから、グリップをいつもよりもしっかり目に握るといいと思います。

ボールが少しだけ沈んでいて、芝の抵抗も少なく振りぬけるようなラフの場合はやはりフライヤーが出ることもありますので、その場合は1つ小さい番手を使うといいと思います。

 

3) ボールが深く沈んでいる

こういったライが一番やっかいです・・。ボールが隠れるほど深く沈んでいる場合は、もう出すことを最優先させるべきです。クラブは9番アイアンやピッチングウェッジを使います。

ヘッドスピードがある程度ある方であれば、7番アイアンも使えると思います。

ちなみに、全米オープンで優勝した経験のあるアーニー・エルスでもボールが深く沈んでいるラフからは7番アイアンまでしか持たないと語っています。

ここまで深く沈んでいなくても、ボールが半分以上沈んでいるような状況ではやはり芝の抵抗を受けますから、状況にもよりますが、やはり使える番手は7番、ヘッドスピードの速い方でも5番アイアンが限度かも知れません。

 

4) 順目と逆目

順目とは、芝の向きがターゲット方向に向かっているものを言います。逆目はその逆。

当然、逆目の方が芝の抵抗は大きくなりますので、打つ前に芝がどちらの方向に流れているかを確認するといいと思います。

もし、逆目の場合は、抵抗も大きくなり、飛距離もでませんので、ここはロフトが大きめのクラブを持って脱出させることを優先させるといいと思います。

 

5) 超深いラフ

この場合は、ピッチングウェッジ、場合によってはサンドウェッジを持って打ちます。

さらに、もう1つ方法があります。それはこのライからスライスを打つことです。フェースを開いてやや上から打ち込むような形で打つことで芝の抵抗を最小限に抑えます。

深いラフから打つ場合の構え方について

冒頭で、ラフからのショットとヘッドの入射角度について書かせていただきましたが、特に深いラフ、ボールが深く沈んでいるようなラフから打つ場合は、ボールを払い打つよりも、ヘッドを上から入れるようにして、(強めの)ダウンブローで打つことがポイントになると思います。

そうすることで、ボールとクラブフェースの間に入ってくる芝(の抵抗)をできるだけ少なくします。

そのためにプロによってもアドレスでの構え方を変える人もいます。

具体的にどのようにするかと言うと、ボールの位置はいつもよりボール1個か2個程度右に置きます。

さらに、アドレスで左足に少し多めに体重をかけておきます。このように構えることで払い打つというより、やや上から強めのダウンブローで打ちやすくなります。

構え方についてはボールの位置を変えるだけでも十分な場合もありますので、その辺は試行錯誤してみる価値はあると思います。

特に深いラフ、ボールが完全に沈んでいるようなライからは左足に体重を少し多めにかけておいて、強めのダウンブローで打つ方法でもいいと思います。

また、ラフから打つ場合は、(インパクトエリアでの)芝の抵抗でクラブフェースが開いたり、閉じたりしてしまうことがありますので、ボールが沈んでいるようなラフから打つ場合は、いつもよりも若干強めにグリップを握ることで、そういったフェースが開いたり、閉じたりしてしまうミスを減らすことができます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。