ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

ラフからの4つの打ち方。使う番手や状況別のコツも

今回はラフからのショットの打ち方についてまとめてみたいと思います。

ラフから飛距離をできるだけ失わないためにはどうしたらいいか?ラフの状態別の打ち方、グリップの握り方についてや、ラフから使う番手について、また、飛距離をできるだけ落とさずに安全に打つ方法についてもご紹介してゆきたいと思います。

では早速見てゆきたいと思います。

目次

ヘッドの入射角度がポイント

ラフからのショットは飛距離が落ちたり、うまくボールが打てなかったりすることがよくありますが、その原因はゴルフスイングの入射角度にあることが多いです。

普段はこんな風に(↓の図)、ボールを横から払い打つ、もしくはアイアンではゆるやかなダウンブローで打つ方法で良いのですが、

ラフからは、このような形で払い打つようなスイングをすると、クラブフェースとボールの間に芝が沢山入ってしまい、芝がクッションとなって、力をボールに伝えることが困難になります。

そうなると、飛距離が一気に落ちてしまいます。

では、ラフからはどうやって打てばよいのでしょうか・・?

それはまず、ゴルフスイングの軌道、入射角度を変えることが必要だと思います。

具体的には緩やかなダウンブローというよりは、もう少し上からクラブヘッドを落としてゆくようなイメージでボールをダウンブローに捉えてゆくことだと思います。

そうすることで、クラブフェースとボールとの間に入る芝を最小限に抑えます。

ヘッドをもっと上から落としてゆくようなイメージで振るので・・・少し後にご紹介しますが、例えば、フェードボールをラフから意図的に打つというのも1つの方法かも知れません。

逆に状況にもよりますが、インサイドからクラブを振って、ボールを横から払い打つようにして打つドローボールはラフに沈んだボールに対しては向いていない・・ということになると思います。

また、打ち方というのはラフの種類によっても大きく違ってきますので、そういった点も含めて少しご紹介させていただきたいと思います。

その前にラフから打つ際のもう1つの大切なポイント、グリップの握り方について少しご紹介したいと思います。

ラフの抵抗に負けないように少し強めにグリップを握る

以前、ゴルフスイングとグリップの圧力でもご紹介させていただきましたが、クラブを握る時は適度に力を抜いて握る必要があります。

力を入れ過ぎてしまうと、クラブを思うように振れませんし、結果的にはヘッドスピードも落ちてしまいます。

ただ、ラフからのショットに関しては、話が変わってきます。

ラフの中にあるボールを打とうとすると、フェースやシャフトに芝が絡みついてしまい、その抵抗でフェースが思わぬ方向に回転したりすることがあります。

芝にクラブフェースがつかまって、フェースが閉じてしまい引っ掛けたり、逆にフェースが開いてしまって、すっぽ抜けたり・・・そんなこともよくあります。

ですから、ラフ、特に深いラフからショットを打つ際には、ラフの抵抗に負けないようにグリップをいつもよりもしっかりめに握ることがポイントになります。

ただし、いつもよりも強めに握ってクラブを振るとクラブヘッドスピードが落ちてしまうこともあります。

ラフでは芝の抵抗があって、ただでさえ飛距離が落ちる※わけですが、グリップを強めに握ることでヘッドスピードも多少落ちてしまうこともありますので、その点も計算に入れておく必要があると思います。

※ただし、浅めのラフなどはむしろ飛びすぎてしまうこともあります。(フライヤーとドロップとは?打ち方のコツも参照)

ラフの状況別、打ち方リスト

さて、先程の続きになりますが、ラフといっても、ボールが置かれている状況によっても、打ち方も多少変わってきます。

ここからは、それぞれの状況でどのような点に注意したらいいか・・ということについて簡単にご紹介してゆきたいと思います。

1) ボールが浮いている

ボールが浮いている場合は比較的簡単に打てるかと思います。

芝の抵抗も殆どないので、飛距離も落ちません。ただし、ヘッドスピードが速い方はフライヤーが出る場合もあります。(フライヤーとドロップとは?打ち方のコツも参照)

このライであれば、通常の番手でOKです。フェアウェイウッドも場合によってはOKです。

2) ボールが少し沈んでいる

ボールが少し沈んだ状態だと芝の抵抗を受けますから、番手を1つ、場合によっては、2つ上げて打ちます。

例:いつもは9番アイアンの距離 → 8番か7番で打つ

また、先程もご紹介しましたが、芝がからまってフェースが急激に返ってしまうこともありますから、グリップをいつもよりもしっかり目に握るようにします。

ボールが少しだけ沈んでいて、芝の抵抗も少なく振り抜けるようなラフの場合はフライヤーが出ることもありますので、特にヘッドスピードが速い方場合は、1つ小さい番手を使うのも一つの選択肢かも知れません。

程度にもよりますが、ボールがある程度沈んでいるライでは芝の抵抗を受けますから、使う番手としては、7番アイアンまで(7番より上の番手(6番など)は使わないこと)を一つの目安にしてみてもいいかも知れません。

シニアの方やレディスの方はそれよりも下の番手(8番や9番)まで、ヘッドスピードがある程度ある方であれば、それよりも上の番手(6番)まで、でもいいかも知れません。

3) ボールが深く沈んでいる

こういったライが一番やっかいなわけですが、ボールが隠れるほど深く沈んでいる場合は、ラフから出すことを最優先させます。

クラブは9番アイアンやピッチングウェッジを使います。

ヘッドスピードがある程度ある方であれば、8番アイアンも使えるかも知れません。

ちなみに、ラフの深さで有名な全米オープンで2勝を挙げているアーニー・エルスは、ボールが深く沈んでいるラフからは7番アイアンまでしか持たないと語っています。

ここまで深く沈んでいなくても、ボールが半分以上沈んでいるような状況ではやはり芝の抵抗を受けますから、状況にもよりますが、ヘッドスピードが速い方でも7番アイアンが限度かも知れません。

ただ、勿論、この辺は芝の状態やお使いのクラブのロフト角によっても違ってきますから、色々と試してみてもいいかも知れません。

4) 順目と逆目

順目とは、芝の向きがターゲット方向に向かっているものを言います。逆目はその逆です。

この場合、逆目の方が芝の抵抗は大きくなりますので、打つ前に芝がどちらの方向に流れているかを確認してみてください。

もし、逆目の場合は、抵抗も大きくなり、飛距離もでませんので、その場合はロフト角が大きめのクラブを持ってラフから脱出させることを優先させます。

順目の場合は、逆目よりも打ちやすく距離も出しやすいですから、その点も考慮して番手を選ぶといいと思います。

5) 超深いラフ

超深いラフ・・というのはなかなかないかも知れませんが、もしそのようなラフにボールが入ってしまった場合はピッチングウェッジ、場合によってはサンドウェッジを持って打ちます。

深いラフから打つ場合の構え方について

冒頭でラフからのショットとヘッドの入射角度について書かせていただきました。

特に深いラフ、ボールが深く沈んでいるようなラフから打つ場合は、ボールを払い打つよりも、ヘッドを上から入れるようにして、(強めの)ダウンブローで打つことがポイントになると思います。

そうすることで、ボールとクラブフェースの間に入ってくる芝(の抵抗)をできるだけ少なくします。

そのためにプロによってもアドレスでの構え方を変える人もいます。

具体的にどのようにするかと言うと、ボールの位置はいつもよりボール1個か2個程度右に置きます。

さらに、アドレスで左足に少し多めに体重をかけておきます。

このように構えることで払い打つというより、やや上から強めのダウンブローで打ちやすくなります。

構え方についてはボールの位置を変えるだけでも十分な場合もありますので、その辺は色々と試してみてもいいかも知れません。

特に深いラフ、ボールが完全に沈んでいるようなライからは左足に体重を少し多めにかけておいて、強めのダウンブローで打つ方法でもいいと思います。

ラフからフェード・スライスを打つ

先程も少しご紹介しましたが、ラフからフェードボール、またはスライスを打つことも場合によってはとても有効な方法になります。

ここまでもご紹介してきましたが、ラフから打つ場合、フェースとボールの間に芝が入ってしまうことが一番の飛距離ロスの原因になります。

そのため、ボールを通常のショットのように払い打つのではなく、やや上からヘッドを入れてゆくことで、インパクトでフェースとボールの間に入ってくる芝を最小限に抑えます。

また、それでもラフからの場合はどうしても芝がフェースとボールの間に入ってきます。

そうすると、ボールにバックスピンが思うようにかからず、ボールが全然飛ばない・・という現象が起こったりします。

そのため、ある程度ロフト角がある番手で打ってゆく必要があります。

少しまとめると、

1)やや上からヘッドを入れる
2)いつもよりロフト角が大きい番手で打つ

・・ということがラフから打つ際には重要になってくるのですが、この2つを番手を変えずに実践する方法があります。

それがフェードボール、またはスライスを打つことです。

フェードボール、またはスライスを打とうとする方が、いつもよりも上からヘッドを入れやすく、また、フェースを開いて打ちますから、ロフト角が大きい番手を使うような効果もあります。

ロフト角は増えても、シャフトの長さはそのままですから、飛距離ロスを最小限に抑えながら、尚且つ、ラフからも安全に出してゆくことができる・・というのがこのショットの利点です。

打ち方ですが、フェードボールの打ち方に似ています。

ただ、もっともっと大きく曲がるフェードボールのような打ち方にして、さらにいつもよりも上からヘッドを落としてゆきます。

フェードボールの打ち方についてはフェードボールの簡単な打ち方のまとめと3つのコツにてご紹介しておりますので、よかったらそちらを参照ください。

最後までお付き合いいただいて、ありがとうございました。
感謝。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。