ホーム > 上級編 >
上級編

フェードボールの簡単な打ち方と3つのコツ

フェードボールの打ち方については今までにいくつか方法をご紹介させていただいてきましたが、今回はまた違った形でフェードボールの打ち方について書かせていただきたいと思います。

今回はティーショットでドライバーを使ってフェードボールを打つことを想定してご紹介したいと思います。

フェードボールの打ち方

左から右に曲がるフェードボールの打ち方です。コツは構え方にあります。

 

1.狙いを定める

まず、フェアウェイの左サイドに狙いを1つ定めます。そのポイントに向かってボールを打ち出して、右にボールを曲げます。理想としては、フェアウェイの左サイドに打ち出して、フェアウェイの真ん中に戻ってくるフェードボールです。

さて、その最初の目標に対して、スクウェアに構えてゆきます。

 

2.構え方

クラブフェースを一旦最初に狙いを定めたポイントに向けてスクウェアにセットします。フェースがそのポイントに対して垂直になるようにセットします。

次にボールとそのポイントを結んだ飛球線(ターゲットライン)に対して、両足、両肩、両膝を結んだそれぞれのラインが平行になるように構えます。

 

3.ボールの位置

ボールの位置は正しいボールの位置とその基準でもご紹介しました、左足かかとの線上、もしくはそれよりもボール半個から2個程度の範囲で左右に置いても(ご自分なりに微調整されても)よいかと思います。

フェードボールを打つ際は基本的にはボールの位置をいつもよりも少しだけ左にすると打ちやすくなります。ですから、ボール半個から1個程度左に置いてもよいかも知れません。

フェードボールを打つ時のボールの位置は?

 

4.フェースの向きを変えて、グリップを握り直す

さて、最後にフェースの向きですが、今は最初に狙ったポイントにフェースが向いてると思います。

ですが、そのフェースを開いてあげます。そのために、もう1つ目標を作ります。最初に定めたポイントから10ヤード右でもいいですし、15ヤード右でも結構です。またはフェアウェイの中央に目標を作っても結構です。

右を狙うほどに曲がり幅の大きなフェードボールになります。

さて、もう1つの目標を定めたら、そのポイントにフェースを向けます。(フェースを開きます)

その際重要なことがあります。それはフェースを開いたら、もう一度グリップし直す・・・ということです。グリップしたままフェースを開いても、ダウンスイングで遠心力がかかると結果的にフェースは閉じてしまいます。

ですから、フェースを開いてから、握り直します。サンドウェッジでバンカーショットを打つ際にやることと似ています。

このやり方はフェードの打ち方の1つであって、絶対的なルールではありませんので、ご自分に合わなければ違う方法でフェードを打った方がよいかと思います。ただ、僕はこの方法が一番簡単ではないかと思っています。

他にも上級者向けのフェードの打ち方がありますが、今回は簡単なフェードの打ち方ということでご紹介させたいただきたいので、ここでは省略させていただきたいと思います。

さて、ここまでが長くなってしまいましたが、これでアドレスは完成です。

 

5.ゴルフスイング

次はスイングについて・・・です。

フェードボールを打とうとすると、つい最終的にボールがフェアウェイに落ちるポイント(目標)に向かって振ってしまう方がいらっしゃいますが、このやり方だとプッシュアウト気味のスライスが出てしまい、距離も落ちます。

ですので、あくまでもボールを一番最初に決めたフェアウェイの左サイドの目標に向かって打ち出すことをイメージしてスイングすることがコツです。

そうすることで、自然とインサイド・インのスイングになり、強いフェードボールが打てるようになると思います。

フェアウェイ左サイドの目標に向かってスイングして、インパクトでフェースが↑の4で決めたもう1つの目標を向いてれば、思い通りのフェードボールが打てます。

理論上は・・・ですが。

 

6.スイングのイメージと3つのコツ

さて、それだけではなかなかフェードボールが打てない・・・という方もいらっしゃるかも知れません。

そこで少しコツがあります。

1つ目のコツはインパクトエリアです。

ここでフェースを閉じないように、手首を返さないようにしてゆきます。

インパクトの瞬間というのは実際には見えないものです。でも、フェースが2つ目に作った目標(最終的にボールを落としたい地点)を向いていることを「インパクトの瞬間に見ようと」してみてください

実際には見えません。でも見ようとしてみます。そして、インパクトの瞬間にそのフェースが開いているイメージを頭の中に描くように意識してみてください。

多くの方は、インパクトを見ていません。何をしているかと言うと、ボールの行方を追っているんですね。いわゆるルックアップ・・・です。これをやると、コントロールは一気に落ちます。

2つ目は体の回転です。

フェードボールを打つには、ダウンスイングでいつもよりも体を少しだけ速く回転させてあげるイメージでもいいと思うんです。

ダウンスイングからインパクトまでどちらが速くたどり着くか・・・という競争があったとしたら、クラブヘッドよりも体の回転の方が勝ってしまうようなイメージです。

これはあくまでもイメージで具体的にどうというよりもご自分なりに、少し体の回転がダウンスイングで速くなるために、工夫されてみても面白いかも知れません。

3つ目はインパクト後です。

3つ目のポイントはインパクトの後です。インパクトでボールを捉えた後、クラブヘッド(ドライバーヘッド)を高く上げないで、低く出していくようなイメージだとフェードが上手く打てる・・・というプロもいます。

最初は例えば、50ヤード曲がるフェードボール・・・という風に大きめに曲がるボールを打ってみるのもおすすめです。そこから精度を上げていってみるのも楽しいと思います。

ちなみに、タイガー・ウッズは5ヤードしか曲がらないフェードボールを打ちます。何ヤードまでならコントロールできそうか・・・という風にしてゲーム感覚でチャレンジしてみるのもいいかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。