ホーム > 上級編 >
上級編

フェードボールを打つ時のボールの位置は?

フェードボールの打ち方についてはフェードボールの簡単な打ち方のまとめと3つのコツでご紹介しました。

その中で、ドライバーでフェードボールを打つ際のボールの位置についてご紹介しましたが、今回はもう少し詳しく、フェードボールを打つ時のボールの位置について考えてみたいと思います。

ボールはどこに置いたらいいか?

ボールの位置については正しいボールの位置とその基準についてでご紹介しました。

その際、一つの目安として(図は参考程度にご覧ください)・・・

サンドウェッジから9番アイアン

スタンスの真ん中

ミドルアイアン

スタンス中央からボール1個程度左

ユーティリティ~フェアウェイウッド

ミドルアイアンとドライバーのボールの位置の間

ドライバー

左足かかと線上

 

・・・と書かせていただきました。

これはその中でも書かせていただきましたが、あくまでも目安で、ボールの位置というのはその人によって、また、打ちたいボールによっても変わってきてもいいと思います。

フェードボールを打つ際ですが、この基準の位置か、またはそこよりもボール半個からボール1個分程度の範囲でボールを左に(ターゲット寄りに)置いてみてもいいかも知れません。

ボールの位置を移動させながら(微調整しながら)ショットを打ってみて、自分に合う位置を探してゆきます。

フェードボールの場合は、基本的にはストレートショット、もしくはドローボールの時よりもボールを少し左に置いた方が打ちやすくなるかと思います。

ただ、あまりボールを左に置き過ぎてしまうと、スイングがカットスイングになってしまいやすく、距離の出ないフェードボールになってしまうことがありますので、その点は注意が必要かと思います。

左足かかとの線上に置く

アドレスでのボールの位置はすべて左足かかとの線上がいい?でもご紹介しましたが、ゴルフの帝王と呼ばれたジャック・ニクラウスはすべての番手でボールの位置を左足のかかとの線上に置いていました。

ちなみにニクラウスはフェード打ちで有名な選手でした。

ニクラウスは左足かかと線上にボールを置いた方がいい理由について

1.スイングをシンプルにするため
2.インパクトで一番クラブフェースをスクウェアにしやすい位置だから
3.ヘッドスピードが最速になる位置が左足かかと線上だから

・・・という3つのポイントを挙げています。

もう一人、43歳で初の賞金王となった藤田寛之プロもフェード打ちの選手ですが、ボールの位置はドライバーからサンドウェッジまで、すべて左足かかとの線上に置くと自身の著書の中で語っています。

ボールの位置はどのクラブでも左足かかとの線上に置いて、ただ、クラブが短くなるにつれて、スタンスの幅は狭くなる。

そのため、ボールは中央寄りに移動しているような感覚になるが、実際はどのクラブでも左足かかとの線上にボールを置いている、と。

藤田プロはボールを左足かかと線上に置く理由として、

1.ボールの位置を一つに決めておいた方が迷いが生じない
2.自分のように「右腰と右肩をターンさせてスイングするタイプ」は左に振り抜くイメージで、ボールを上からヒットしやすいという点においても、左足かかとの線上がベスト

・・・と語っています。(参考:ゴルフには上手くなる「順番」がある 藤田寛之著)

フェードボールを打つ時は必ず左足かかとの線上にボールを置いた方がいい・・・ということではありませんが、ただ、全てのクラブで左足かかとの線上にボールを置くということ、フェード打ちの方であれば、試してみる価値はありそうです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。