ホーム > 上級編 >
上級編

ドライバーでスピン量の少ないパワーフェードを打つ

ドライバーで正確性を重視してフェードボールを打つ場面があるとします。

フェードボールはドローボールなどに比べるとバックスピン量が多くなりますので、その分飛距離も落ちやすくなります。バックスピンがかかりすぎて、吹けあがったりすると飛距離も落ちてしまいます。

そんなフェードボールの特徴をある程度抑える、つまりスピン量を減らしたフェードボールを打つための方法として簡単にできることがあります。

それは・・・フェースのセンターよりも若干トゥ側で打つという方法です。フェースのトゥ寄りで打つことでバックスピン量が減りやすくなります。

これは今田竜二選手も力強いフェードを打つためにやっている方法です。

具体的にはアドレスでボールをヘッドのトゥ寄りにセットします。後はフェードの打ち方でご紹介した通りに打つといいと思います。

しかし、フェースのトゥ寄りで打つ意識が強いと逆にドローボールになってしまう・・・というゴルファーもいるかも知れません。

その辺は好みの問題かも知れませんが、スピン量を減らしたパワーフェードを打ちたいという方は試してみる価値はあると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。