ホーム > 上級編 >
上級編

ドローヒッターがフェード打ちになるための3つの練習方法

ドローボールを持ち球にしているゴルファーにとって、フェードボールというのは恐らく苦手なショットではないでしょうか・・?

でも、ある一定のレベルになってくると、フェードボールが打ちたくなることがあります。

プロの世界ではドローヒッターがフェード打ちに変わる・・・ということはよくあります。その代表的な選手が藤田寛之選手ではないでしょうか。

藤田選手はプロ入り当初は高いティーアップから少しあおるようにして打つドローボールヒッターでしたが、師匠の芹澤信雄プロに「プロで稼ぎたいなら、フェードボールを打てるようになれ」と言われたそうです。

そこで藤田選手はフェードを打つために練習を重ねてゆくことになります。

3つの練習方法

藤田選手が当時フェードボールを打つためにやっていたという練習方法があります。

1.高いティーアップから7番アイアンで打つ

1つ目の練習が高いティーアップから7番アイアンで低いフェードボールを打つという練習方法だったそうです。

ティーアップはドライバーを打つ時と同じ高さにします。この高さから7番アイアンで低いフェードを打っていきます。あおってドローボールを打っている方にとっては、難しいショットですが、効果的な練習方法だと思います。

この練習をすると、どうしても、アウトサイドインの軌道で打ちたくなりますが、藤田選手は、スイングはアウトサイドインではなくて、あくまでもインサイド・インの軌道を意識したそうです。

2.フェースをかぶせて構え、スライスを打つ

もう1つの練習はフェースをアドレスでかぶせて(左を向けて)構え、そこからスライスを打っていくという練習方法です。

ドローヒッターがフェースをかぶせて構えたら、チーピンになる確率が高いのですが、そこであえて、そのように構え、スライスを打って行くというドリルです。

クラブはミドルアイアンなどでいいと思います。

3.ティーアップを低く、弾道の高さを抑えて打つドライバー

最後はティーアップを低めにして、弾道の高さを通常の半分程度の高さにしてフェードを打つ練習です。

これは上記の2つの練習がうまくできてから取り組んでみてもいいのかも・・知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。