ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

スライスを直すには右足の前にボールがあると思って打つ?

以前、ある方からこんなお話をお聞きしました。その方はレッスンプロに右足の前にボールがあると思って打つといい・・・というアドバイスを受けたそうです。

これは恐らく、振り遅れやスライスを直すためのアドバイスだと思います。

ただ、その方はこれでもうまくいかなかったようです・・。

スライスの場合(振り遅れも似ていますが)、インパクトでフェースが開いて当たっています。ドライバーなど、ロフトが少なく、シャフトが長いためにヘッドスピードが出るクラブの場合、ほんの少しフェースが開いただけでも、かなりスライスしてしまうことがあります。

ですから、そうならないように右足の前にあるボールを打つと思って打て・・・・ということなんだと思います。これも1つのスライスの直し方だと思うんです。

ただ、右足の前にある仮想のボールを打とうとして、手首のコックを早めにほどいてしまう方がいます。(これをアメリカなどではキャスティングといいます)すると振り遅れはでなくなったとしても、引っ掛けや引っ掛けスライスなどがよく出るようになったり、トップが出やすくなったりします。

フェースを少し早くスクウェアにする気持ちで

もし、右足の前にあるボールを打つ(気持ちで振る)という方法がうまくいかない時は、例えばドライバーのヘッドがダウンスイングで右足の前に来た際にフェースがスクウェアになっているような意識で振るとよいのかなと思います。

つまり、ダウンスイングでドライバーのヘッドが右足の前に来た時にフェースがターゲット方向を向いているような意識です。

早めにフェースを閉じる・・・ということになります。

インパクトでフェースをスクウェアにしようと思うとどうしても遅れてしまいがちです。ヘッドはものすごいスピードで動いていますから・・。

ですから、早めにフェースを閉じる。右足前でフェースを閉じる意識でもスライスを打っている方にはよいかも知れません。

形を作ってみる

さきほどの右足の前にヘッドが来たらフェースがスクウェアになっているようにする・・・という話ですが、実際にその形をご自宅や練習場などでボールを打たずに作ってみるのも良い方法だと思うんです。

その際ですが、下記の点をチェックしてみます:

1.両手(グリップ)の位置はおおよそ左足太ももの内側の前 ※1
2.フェースはスクウェア(ターゲットを向いている)

この位置で両手(グリップ)の位置が上記よりももっと右にあると、手首のコックをほどいていることになりますので注意します。

※1 両手の位置を記載しましたが、これはおおよそのイメージです。

特にスライスがひどい方はグリップも下記のようにして握り直してみるのも良い方法です。

上記のポジションでフェースがターゲットを向いているようにしますが、この形を作ったら、グリップをその状態で握り直してみるのもいいと思います。その握り直したグリップの方がフェースを閉じやすくなると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。