ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

タイガー・ウッズの元コーチが教えるスライスの直し方

スライスの直し方編ではスライスを根本的に直す方法について1つ1つ見てきました。

今回はブッチ・ハーモンの後にタイガー・ウッズのコーチになったハンク・ヘイニー(2010年にタイガーのコーチを辞任)が教えるスライスの直し方についてご紹介させていただきたいと思います。

左手を使ったスライスの直し方

今回ご紹介するのは左手を使ったスライスの直し方についてです。
ハンク・ヘイニーは以前にこんなことを話していました:

The key to hitting straight shots is the back of your left hand. If the back of your left hand is aligned to the right of the target at impact, the face will be open and you will hit a slice. If the back of your hand faces the target at impact--or even feels that it's facing the target a little before impact--and your grip is fairly neutral or strong, there is no way you can hit a slice.

[Reference: The wayward left hand, GolfDigest Magazine]

ストレートボールを打つコツは左手の甲にあります。もし、左手の甲がインパクトでターゲットよりも右を向いていれば、フェースは開いてしまいスライスが出るでしょう。グリップがニュートラル又はストロンググリップであることを前提にして、左手の甲がインパクトで(もしくはインパクトの直前で)ターゲットを向いていれば、スライスを打つことはできないでしょう。

左手の甲に注目している点が面白いです。

似たような話にはなりますが、ドライバーのスライス矯正方法でスライスの直し方についてご紹介したこともありました。この時は腕時計を使ったスライスの直し方でした。

話はややそれましたが、ハンク・ヘイニーはクラブを持たずに左手だけで練習すると良いと話しています。

方法はとても簡単です:

①クラブを持たずにアドレスをとる。左手だけで構える
②バックスイングを行う。この時、左手をコックする
③ダウンスイングからインパクトでは左手の平がやや上(空)を向くようにする

※コックについては飛距離不足を解消する手首のコックの使い方を参照ください

左手の平が完全に空を向くようにすれば、フックする・・・でもスライサーにとっては悪いフィーリングではないだろうと彼は指摘しています。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。