ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

バックスイングで左腕(肘)は伸ばすべきか?

テレビでプロのスイングなどを見ていると、バックスイングでは左腕がピンと伸びているように見えます。

特にタイガー・ウッズなど超一流と呼ばれるプロゴルファーのスイングを見ると左腕は綺麗に伸びているように見えます・・。

しかし、多くのトッププロを育てたアメリカの有名なティーチングプロ、ジム・マクリーンは左腕は伸ばす必要はない・・・と語っています。

One of the most common misconceptions about the golf swing is that you should keep your left arm straight as you swing the club to the top. The truth is, most PGA Tour players have some bend in their left arms on the backswing, so the idea that the arm should stay locked is absolutely wrong.

ゴルフスイングについて最も多い誤解の1つがバックスイングで左腕を真っ直ぐに伸ばす必要があると思われていることです。しかし、実際には米PGAのツアープロの殆どはバックスイング中に左腕が多少なりとも曲がっています。ですから、左腕は真っ直ぐにしなければいけないといった考え方は間違っているのです。

Reference: Let your left arm bend、Golf Digest Magazine Feb 06

・・・彼は左腕はツアープロでもバックスイング中に多少曲がっている・・・と答えています。

僕も左腕を意識して真っ直ぐに伸ばす必要はないと思います。

左腕や左肘をバックスイング中に無理に真っ直ぐに伸ばそうと思えば思うほど、腕の動きだけが独立してしまうからです。

ただ、プロを見てもそうですが、完全に伸ばし切っている人は殆どいませんが、左腕をくの字のように大きく曲げている人もいません。

左腕を大きく曲げることでスイングが大きくなるような錯覚に陥りますが、実際はスイングはそれほど大きくはなっていないと思うんです・・。

体(肩)を右に回転させて、止まったところがバックスイングのトップ・・・そこから腕を曲げたりしても、スイングは大きくなるわけではないかも・・知れません。

ただし、年配の方で体が硬く、回転できないという方に限っては、腕(肘)を曲げることは悪いことではないかも知れません。

どの程度、伸びていればいいのか・・?

左腕は意識して真っ直ぐ伸ばす必要はなくて、多少曲がっていても大丈夫です。しかし、曲がり過ぎは良くありません。ではどこまで伸ばすべきか?

それは、左腕がバックスイング中にリラックスしていられる程度が目安になると思います。

もっと具体的にこの程度・・・というのがわかる方法がありますので、よかったら今、ご一緒にちょっとした実験をしてみませんか・・?

まず、背筋を伸ばして真っ直ぐに立っていただきます。
次に両腕の力を抜いて、肩から垂らすような感じにします。

ここで左腕を見てみます。
その時の形が理想・・・ということになるかも知れません。

力を抜いて、腕をだらんと垂らすと、左肘って殆どの方は多少曲がっていると思うんです。決して、ピンと張っているわけではなくて・・。

その多少曲がっている状態が、おかしな言い方ですが、腕が伸びている状態と言いましょうか・・。

その程度の左肘の曲がり具合というのは、ゴルフスイングでも必要かと思います。

バックスイングでは意識して左腕をピンと伸ばすのではなくて、それよりも、腕の力を抜いた方が、結果的にはスイングスピードは上がると思います。

野球のピッチャーも、投球の際に腕にガチガチに力を入れることはなくて、腕はリラックスさせて、鞭のように振ると思いますが・・・ゴルフでも同じようなことが言えるのかも知れません。

肘が曲がり過ぎている場合は?

左肘は多少曲がっていてもいいですが・・・くの字のように大きく曲がり過ぎている場合は、何かしら問題があるかも・・知れません。

左腕をバックスイング中に大きく曲げてしまっている方で、大きく振ろうとか、速く振ろう、飛ばそう・・・とされていらっしゃる方は、バックスイングでは腕の動きを一旦忘れてみてもいいのかも・・知れません。

アマチュアの方の場合、バックスイングのトップで体重の5割程度しか右足に移せていないという調査結果があります。

それに対してプロの場合は9割もの体重を右足に移しています。

この4割の差を埋めるには、腕を振るしかなかったりするのかなと・・思います。

その過程で左肘が大きく曲がってしまうこともあるかも・・知れません。特にトップ付近で左腕を大きく曲げている方の場合は・・。

体重移動についてはゴルフスイング編バックスイングでご紹介しておりますので、ここでは詳しく書きませんが、バックスイングでは腕よりも、体の回転であったり、体重移動、またはアドレスからトップまでの背骨の角度・・・というものに意識を向けた方が飛距離は伸びそうな気がします。

プロとアマチュアの4割の差は言い換えてみれば、それだけ飛距離が伸びる可能性があるということだと思います。

いつもお読みいただいて、本当にありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。