ホーム > 飛距離アップ編 >
飛距離アップ編

右手1本で素振りする、打つ練習方法

飛距離を伸ばすのに効果的な練習方法はいくつもありますが、その中でも今回ご紹介する、右手1本の練習はとても効果的であると思います。

1.素振りからはじめる

最初は素振りからやってみるとよいと思います。
やり方はとても簡単です。使うクラブは9番アイアンがおすすめです。

① まず、左腕は腰に当てます
② ゴルフクラブは右手だけで持ちます
③ そのまま10回ほど素振りしてください

重要な点としては、構えた時、右手一本しか使いませんが、右肩を左肩よりも少し低くなるように意識して構えてみてください。

右肩を下げて構えることでインパクト前後でクラブフェースを返しやすくなります。

スライサーの方は構えた際に、右肩の位置が高いのですが、フックを打っている方は右肩が逆に下がり過ぎています。

ですから、スライスを打っている方は右肩を左手が右手の下になる分だけ自然に下げるようにして構えると強いボールが打ちやすくなります。

逆にフックを打っている方は、右肩が下がり過ぎないように注意するとフックボールも改善されてくると思います。

また、構えた時ですが、右手が左足の太もも内側の前にくるように、ハンドファーストで構えてください。これもとても重要なポイントの1つです。

2.実際にボールを打ってみる

さて、今度は実際にボールを右手1本で打ってみましょう。クラブは同じように9番アイアンを使います。左手は腰に当てておきます。

ボールはティーアップします。フェアウェイウッドのティーアップの高さ程度にして地面から少しボールが浮いているような形にすると打ちやすくなります。

また、ボールの位置はスタンスの真ん中にしてみてください。

最初は素振りを繰り返していただいて、慣れてきたら実際にこのようにしてボールを打ってみるとよいと思います。

実際にボールを打つ際はバックスイングはコンパクトにして、軽く打つような意識でボールを打ってみるとよいと思います。

3.ドローボールを打ってみる

さて、今度は右手1本でドローボールを打ってみます。↑でボールを右手1本で打つことに慣れた後にやってみるとよいと思います。

打ち方は基本的には上記と同じです。9番アイアンでボールはスタンスの真ん中、ティーアップして打ちます。

上記と同じように打っていきますが、ダウンスイングは意識的にいつもよりもインサイドから下ろします。

そして「インパクト付近で右手の平がやや地面を向くような意識」でスイングしてみてください。

これで、軽いドローボールが打てたら、満点です。でも最初はなかなかできないと思いますが、続けてゆけば少しづつ打てるようになってゆくと思います。

ドローボールが少し打てるようになったら、今度は例えば、低いボール、高いボール、フェードボール・・・という風に右手一本で意識して色々なボールを打ってみるのもよいかも知れません。

こうやって定期的に右手1本で打ってみるのはとてもよい練習になると思います。

右手の使い方というのも自然と身に付きますから、両手で普通にスイングしてもヘッドスピードが上がって飛距離が伸びる・・・という方が多いと思います。

是非右手1本のショットに挑戦してみてください。

それから、この練習をする際は、思わぬショットが出る場合もありますから、周りに誰もいないような場所で練習されるとよいと思います。

4.プロもやっている高度な右手1本の練習

これは宮里藍選手がやっていた練習ですが、右手1本でボールを打ちます。

その際、右足を後ろに30センチほど引いて、つま先立ちのような形にします。ボールは体の正面(真ん中)にセットします。(ティーアップします)

クラブは9番アイアンなどでいいと思いますが、この状態でボールを打ってゆきます。

宮里選手は右足はつま先立ちではなく、浮かせてボールを打っていましたが、それはかなり難しいと思うので・・・右足はつま先立ちにします。

いずれにしても、この状態で右手1本でボールを打つのはかなり難しいと思いますが、バランス感覚であったり、左サイドが流れないようにしっかりとタメを作ってボールを打つのにもよい練習になると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。