ホーム > 飛距離アップ編 >
飛距離アップ編

外腹斜筋のトレーニングでヘッドスピードをアップさせるには

外腹斜筋(がいふくしゃきん)とはわき腹の筋肉のことです。
これがヘッドスピードにどんな関係があるのでしょうか・・・?

実は、外腹斜筋は体の回転スピードに関係していると言われています。

ですから、この筋肉を鍛えてあげることで体の回転スピードも上がり、飛距離も伸びる・・・ということになります。

トレーニングの方法はいくつかあります。中でも簡単にできて、ウォーミングアップなどにも使えるのが、おヘソを90度回すトレーニング方法です。

これは運動生理学が専門の川合武司先生もゴルフの飛距離アップにすすめている方法です。

やり方は、

1)両足を肩幅程度に開いて立つ。両手は腰に当てる
2)上半身を左右に回す
3)この時、おヘソが右に90度、左に90度回るようにする

注意点ですが、右に回す時は右足に体重をかけてください。その時、左足のかかとは地面から浮かしても結構です。逆も同じようにします。

それから、体が硬くて飛距離が出ないと感じている方は柔軟性をアップさせてあげると飛距離が飛躍的に伸びることがあります。

詳しくはゴルフスイングと肩の回転:トップでの肩の回転が浅いでご紹介していますからよろしければ参照ください。

もう少し他のトレーニング方法もご紹介します。

▼座ったままできる方法

1)まず椅子に座ります。背筋を伸ばしてください
2)両手を上げます。万歳するようにして
3)次に右ひじを引きおろしながら、左ひざにくっつけます
4)この時、左ひざを持ち上げてください
5)今度は左ひじと右ひざをくっつける動作をしてみます

このトレーニングは体をひねりながら行いますが、結構きついかも知れません。最初はゆっくり、少しだけ行ってみるといいと思います。

▼寝ながら行う方法

1)両膝を曲げて、仰向けになります
2)両手を頭の後ろで組みます
3)ゆっくりと上体を起こしますが、その時、体を右にひねります
4)同じように左にもひねります

上体は完全に起こす必要はありません。できるところまでで結構です。目安としては、おヘソを覗き込むようなつもりで上体を起こすといいと思います。

それから、トレーニングは鍛えたい筋肉を意識しながら行うと効果的だと言われていますから、わき腹を意識して行うといいと思います。

これに合わせて柔軟性のアップもはかると飛距離アップには効果的です。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。