ホーム > 飛距離アップ編 >
飛距離アップ編

ヘッドスピードを上げるには?

ヘッドスピードを上げる方法にはどんなことが考えられますでしょうか・・?

答えはいくつもあると思うんです。そして、ヘッドスピードを上げる方法は人によって全く別の方法がうまくゆく場合もあります。

以前にヘッドスピードを上げると飛距離は伸びるのか?という記事をご紹介しました。

その時は速さを追求するよりも強さを追求することで、インパクトでヘッドスピードを最速にする方法について書かせていただきました。

今回はまた違った視点からヘッドスピードについてご紹介したいと思います。

ヘッドスピードが上がらない理由

ヘッドスピードが上がらない理由。その1つにグリップの握り方が考えられます。もし、ボールを打たないのであれば、どんな握り方であっても自分にとって最速のヘッドスピードを出すことが出来るのかも・・知れません。

しかし、間違ったグリップの握り方のせいでボールが曲がりだすと、それを直そうとしてどこかを無意識のうちに変えてしまうことがあります。

その時に必然的にヘッドスピードは落ちてゆきます・・。

ヘッドスピードを上げるグリップ方法

ヘッドスピードが上がらない方の多くはダウンスイングでフェースが開いていることが1つの原因かも知れません。この状態では速く振れば振るほどにフェースが開いてしまいます。

いずれにしても、ボールに合わせに行けばヘッドスピードは極端に落ちてしまいます。ヘッドスピードを上げるためには、理想を言えば・・・何も考えずに振ってもインパクトでスクウェアに戻ってくるグリップの握り方を身に付けること・・だと思うんです。

グリップに関してはゴルフ基礎編で詳しくご紹介していますので、今回はちょっとしたヒントをお伝えしたいと思います。

 

フェースが開いて降りてくるのを防止するにはグリップを変える必要があります。
まず、ストロンググリップにしてみます。

その際、左手の甲がどこを向いているのかに注目します

そのことについてちょっとした実験がありますので、よかったら、ご一緒に。

①まず、クラブは持たずにアドレスをとります
②右手はポケットに入れます
③右肩を左肩よりも少し下げます
④次に左手の甲が極端に空を向くようにして左手だけで構えます
(左手の平が地面を向いている状態です)
⑤目を閉じて、左手だけでバックスイングします(クラブはいりません)
⑥インパクトでとめてください

さて、左手の甲はインパクトで止めた時、どこを向いていますか?恐らく自分の左側、およそターゲットの方を向いているのではないかと思います。

アドレスで真上を向いていた左手の甲がインパクトでターゲットを向いているということは・・・フェースが閉じたということです。

 

やや極端にしましたが、実際のグリップも同じでアドレス時に左手の甲がどこを向いているかをチェックします。アドレスで左手の甲がターゲットを向いていてはウィークグリップです。

ウィークグリップだとフェースは開きますから、ボールに合わせにいくという余計な動作が必要になってしまいます。

逆にアドレスで左手の甲が空を向いていたとすれば(先ほどやったように)ダウンスイングではフェースが極端に閉じるようになります。

ですから、自分が打ちたいボールに合せて左手の甲の角度を打つ前にチェックします。何も考えないで思いっきり振るとスライスが出る場合は左手の甲を少しずつ上に向けながら調整してみるといいと思います。

逆にフックに悩んでいる方の場合は左手の甲をターゲットの方に少しずつ向けてゆくといいと思います。

この際、ゴルフクラブは手から離して左手の甲の角度を変えた後にグリップするようにします。クラブを握ったまま、左手の甲の角度を変えても、意味がありませんので。

 

フェースが自然と閉じるようなグリップを身に付けることで余計な動作が必要ではなくなってきます。ヘッドスピードも上がります。そして何よりゴルフスイング自体がシンプルになると思うんです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。