ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショットの距離感がわからない時は?

以前、バンカーショットで距離を打ち分けるには?という記事を書かせていただきましたが、今回は距離感について考えてみたいと思います。

バンカーショットは通常のショットと違って、砂を打つ、または砂を運ぶような感覚で打ってゆきますので、アプローチショットなどとは距離感というものも全く変わってきます。

どの位の強さ(スイング)でどの程度飛ぶか・・・というのは、

1)フェースをどの程度開いて構えているか
2)砂の質
3)ライ(ボールが置かれた状態)
4)お使いのクラブのロフトやバウンス、etc.

バンカーショットで開いて打つとはどういう意味ですか?
バウンス角とは?バウンス角の目安についても

・・・などなど、様々な要素が関係してきますが、プロの中には、通常のショット(バンカーからではなく、芝の上から打つショット)の倍の距離を打つつもりで打った方がいいとアドバイスする人もいます。

そのように打ってみてもいいかも知れません。

また、他にバンカーショットの距離感をつかむ方法としては、

1)砂だけを打ってみる

ボールは使わず、砂だけを打ってみるというのもとてもよい方法かなと思います。

いつも通っていらっしゃる練習場にバンカーがない場合は、コースでバンカーショットを打った後に、プレーの進行を妨げない範囲で、砂だけを飛ばしてみたりするのもよい練習になるかも知れません。

この砂だけを打つ、飛ばす練習をすると、この位の強さ(スイング)で、砂がこの位飛ぶんだな・・・という感覚がつかめます。

その感覚で実際のバンカーショットを打ってみるといいかも知れません。

ボールを飛ばすというよりも砂を飛ばす・・・という感覚の方が距離感が合いやすくなる、という方もいますので。

2)バンカーでフルスイングをしてみる

バンカーショットでフルスイングすることってなかなか・・・ないと思うんですね。

そんなにフルスイングするようなシチュエーションってなかなかないと思います。

ただ、これも先ほどの砂だけを打ってみる練習と同じように・・・ボールは使わず、フルスイングで砂を打ってみるのもおすすめです。

フルスイングといっても、マン振りする必要はありません。8割程度の力で結構です。

フルスイングで砂を打ってみると、自分の距離というものがわかってきます。

例えば・・・サンドウェッジでもフルスイングの距離がある程度わかるから・・・中途半端な距離を打ち分けられたりします。

フルスイングでどれだけ飛ぶのかわかっていた方が、フルスイングできない距離の距離感というものもつかみやすいのかなと、思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。