ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショットのホームラン対策:2つの大きな原因とその対策

バンカーショットで一番嫌なミスがホームラン(ボールを直接打ってしまい、飛びすぎてしまうこと)ではないでしょうか。

バンカーショットを打つつもりでボールに直接当たってしまうと、驚くほどにボールが飛んでしまい大叩き・・・なんてこともあります・・。

バンカーからホームランしたボールがOBになった・・・なんていう悲しい経験がある方もいらっしゃると思います。

さて、ではどうしたらバンカーからのホームランをしないで済むのでしょうか・・?

それにはまず原因について考える必要がありそうです。

何故、ボールに直接当たってしまうのか・・・その原因の1つは構え方にあります。そして2つ目はスイングとその意識・・・です。

構え方のコツ

原因の1つ目の構え方ですが、バンカーからの打ち方に関してはバンカーショットの打ち方でもご紹介していますのでそちらも参考にしていただければ幸いです。

上記でも少しだけご紹介しましたが、バンカーショットの構え方で大切なことの1つは「低く構える」ということです。低く構えるとは重心を落として構えるということ。具体的には膝をいつもよりも曲げて構えます。

バンカーショットではご存知のようにボールを直接打ちません。

しかし、そう思っていても、バンカーからホームランをしてしまうのは何故でしょう・・?

まずバンカーショットではヘッドがボールの下の砂を潜り抜けます。ということはヘッドの最下点は地面よりも下になります。

その最下点に合わせて構えてみたらどうなるでしょうか?

実際にコースではできませんが、バンカーの中で練習だと思ってボールの下の砂にヘッドを潜らせた状態で構えてみてください。

ヘッドが砂に少し潜った状態のまま構えてみる・・・ということですが、実際にそうやってみると、自分が同じクラブで芝の上から打つ時よりも低く構えていることに気づかれると思います。

・・・ということは最初から低く構えておけば、ヘッドはボールの下を潜りやすくなることになります。つまり、バンカーからホームランを打たなくて済むようになる・・・というわけです。

この構え方についてはバンカーショットでのホームランを防ぐコツと構え方でより詳しくご紹介しておりますので、そちらもよろしければ参考になさってください。

通常のショットよりも低く構え、ヘッドの最下点がボールよりも下に来ることを意識して構えることでバンカーショットでのホームランも改善されると思います。

スタンスラインに沿って、低くヘッドを出す

2つ目の原因、スイングとその意識・・・になりますが、ボールに直接当たってしまうミスはボールを上げたいと思った時に出やすくなります・・。

そうならないために何ができるか・・・ということですが、しっかりと構えたら、ボールの5センチ手前を狙ってスイングしてゆきます。

その際、ボールは見ません。

構えた段階でどうしてもボールを見てしまう方もいらっしゃいますが、ボールが砂に入ってゆくポイントを見ないでボールを見ると、ボールに直接当たりやすくなりますので、注意してみてください。

ホームランを打ってしまう1つの理由はヘッドの軌道にあると思うんです。

バンカーショットではボールの下にヘッドを通すような形になります。

ところが、例えば、すくい打ちをしてしまうと、ヘッドがインパクトで浮き上がってきてしまいボールの下を通りません・・。

ですので・・・ボールの下を完全に潜り抜けさせるまでヘッドを「低く」、そしてスタンスのラインに沿って目標の左に出してゆく・・・そんな意識でスイングするのが1つのポイントかと思います。

ただ、これは言ってみれば、本能の逆らうようなものだと思うんです。

バンカーというのは通常はグリーンよりも下にあります・・・当然ボールを上げなければ、グリーンには乗らない、バンカーからは出ない・・・わけですので、どうしても心理的にすくい上げたくなるものだと思います。

もし殆どのバンカーがグリーンよりも高い位置にあったなら・・・ホームランは激減する・・・かも知れません。

ただ、その本能に逆らって・・・低く、左にヘッドを出すことがホームランを防ぐ大切なポイントなのかなと思います。

簡単にできる練習方法

ここまではホームランを打たないための方法についてご紹介してきましたが、今度は練習方法について少し書かせていただきたいと思います。

通っていらっしゃる練習場にバンカーがある方は問題ないと思いますが、バンカーの練習ができないという方もいらっしゃいます。

そういう方のために、バンカーのない練習場でできる簡単な練習方法をご紹介したいと思います。

まず、ボールをティーアップします。
ドライバーを打つような形で高めにティーアップしてみてください。

次にそのティーアップされたボールがバンカーの上にあると過程して、構えてみてください。

バンカーショットの構え方はバンカーショットの打ち方で詳しくご紹介しておりますので、そちらも参考になさってください。

ボールはティーアップされていますが、砂の上にあると想定して構えますので、ボールよりも低い位置にクラブヘッドを構えないようにします。

さて、次に打っていきましょう。

この時、ボールはバンカーショットのように直接は打ちません。

代わりに、ボールの下のティーの部分を打ちます。

ボールには触れません。ボールの下を潜り抜けるイメージでボールの下のティーを狙って打ってみます。

構える際も、ボールの手前5センチを狙うようにして構え、実際にそのスポットからクラブヘッドを入れて、ボールの下をヘッドが通過するようにして打ちます。

この練習の際は、ボールが砂の上に乗っていることを頭の中で思い描きながらすると、効果がぐんとアップすると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。