ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショット、目玉からの打ち方と脱出のコツ

バンカーショットの中でも多くの方が苦手にしているのが「目玉」ではないでしょうか?

バンカーで「目玉」と言ったら、ボールが砂に沈んでしまっていて、目玉焼きのようになってしまっていることを言います。

目玉になっているボールは、砂に沈んでいることから出すのが難しいと思われている方も多いと思います。

今回は目玉から脱出するための簡単な方法を2つご紹介したいと思います。

1)スクウェアに構えて、フォロースルーをとらない

1つ目の方法はよりオーソドックスなやり方です。こちらの方が簡単ですが、ボールが低く出て転がる・・・という特徴があります。

打ち方ですが・・・

①オープンに構えず、スクウェアに構える

フェースも開かずにスクウェアに構えます。

通常のバンカーショットの打ち方では、フェースを開いてから握り、体もそれに合わせてオープンに(左を向いて)構えます。

しかし、目玉のバンカーショットではフェースは開かず、体もオープンにせずスクウェアに構えます。

②ダウンスイングではゴルフボールの手前5cmにクラブヘッドを入れますが、フォロースルーは一切とりません

ヘッドを砂に潜らせて終わり・・・という感じです。

ダウンスイングで、ヘッドを目玉になっているボールの手前5センチのところを狙って、「ドン!」とヘッドを落として終わり・・・です。ドン!終わり・・・です。

ボールは砂に埋まっていますので、いつもよりももっと強くスイングする必要があります。思い切ってクラブを振り下ろすのがコツです。

ボールは、フェースを開いていませんので低く出ます。また、目玉ではバックスピンがかかりませんので、ボールもよく転がります。

低く出て転がる・・・ということを想定してショットを打つ必要があると思います。

ただ、この方法では深いバンカーだった場合には通じません・・。

そんな時はまた違った方法があります。

2)フェースを開いて打つテクニック

さて、2つ目の方法です。

この方法ではフェースを開いて構えます。

バンカーショットの打ち方でご紹介したように構えます

ただ、ボールの位置だけを変えます。ボールはスタンスの真ん中に置きます。フェースはオープンにしてください。体もいつも通りオープンにします。

②ダウンスイングではボールに向かっていつもよりもかなり鋭角にヘッドを入れます

③ボールの5cm手前にヘッドを入れます
フォロースルーは一切とりません。

フェースをオープンにすることでバウンスがさらにサンドウェッジにつきますので、いつもより強めにそして鋭角に砂にヘッドを入れる必要があります。

この方法ですと、ボールは1つ目の方法より高く上がります。

ただし、ある程度の力を入れる必要がありますので・・女性ゴルファーの方などにはあまりお勧めできないかも・・知れません。

ただ、この打ち方だとボールは1つ目の方法よりも高く上がりますので、例えば、深いバンカーからのショットやピンまでの距離がないようなバンカーショットなど・・・どうしてもボールを上げたい時に使うと効果的だと思います。

尚、上記の2つのやり方に共通することですが、バックスイングでは早い段階で手首のコックすることがコツです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。