ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

左足下がりのバンカーショットの打ち方

左足下がりのバンカーショット(右利きの場合)はバンカーショットの中でも一番嫌なライではないでしょうか。

高く上げたいけれども上がらない、無理をすればボールに直接当ててしまいホームランなんてことも・・。

今回はそんな左足下がりのバンカーショットの打ち方についてご紹介したいと思います。

通常のバンカーショットに関してはバンカーショットの構え方と打ち方のコツでご紹介しておりますので、そちらを参考にしていただければ幸いです。

5つのチェックポイント

1)アドレス

左足下がりの場合はアドレスの構え方を少し変更する必要があります。

まず、両肩や腰のラインを傾斜と平行になるようにします。

通常のアドレスでは右肩が左肩よりも低くなりますが、この右肩が左と平行、または傾斜によっては右肩の方が高くなる場合もあります。

スタンスでは左足(右利きの場合)に気をつけてください。左足が支えになりますから、通常よりも左足をしっかりと砂にもぐらせます。

 

2)スタンス

スタンスは一般的なバンカーショット同様、オープンスタンスにします。体を通常のショットよりも左に向けて構えるということになります。

左足下がりのバンカーショットではボールがどうしても低くでますから、上級者などではいつもよりもさらにオープンに構えて打つ方法もありだと思います。

ただし、砂が硬めの場合、フェースを開きすぎるとバウンスが効きすぎて、クラブが砂に跳ね返されることもありますので注意してください。

 

3)体重のかけ方

体重はアドレスの時点でほとんど前の足、右利きの方の場合は左足にほとんどかけてしまいます。

バックスイングで右足に体重を移動するという方もいらっしゃるとは思いますが、どちらかと言うと左足にほとんど体重をかけたまま、体重移動をしないで打つ方が簡単だと思います。

左足下がりのライでは右に体重移動するのはとても難しく、無理に体重を移動させようとすると体が右にスライドしてしまって、ダフリやトップの原因にもなりますので。

 

4)ボールの位置

次にボールの位置ですが、ボールは真ん中から少し右足寄りにセットします。

バンカーショットではクラブヘッドをボールの下に潜らせる必要がありますが、左足下がりのライではボールをいつも通りの位置に置くとそれが難しくなるから・・です。

 

5)ゴルフスイング

スイングは傾斜に沿ってクラブを振ってゆくイメージです。

大切なのは、フォローでも傾斜に沿ってクラブ振ってゆくこと・・だと思います。

このライからはボールはいつものように高くは上がりません。低めにボールが出ることを予め予測しておくといいと思います。

ボールを上げようとすることがこのライからのミスショットの一番の原因だと思いますので・・・あくまでも低く出そうと思うことが大切だと思います。

ただ、クラブフェースをさらに開いて構えることでボールを高く上げることは、(ライにもよりますが)できます。

しかし、先ほど申し上げたように、サンドウェッジをさらにオープンにして使うとバウンス角が増えてしまい、砂に跳ね返されてしまうリスクも出てきますので、その点は注意されるといいかも知れません。

また、このショットが苦手な方はクラブを短めに持って打つのも1つの方法かも知れません。

プロの中にもクラブのコントロールをアップさせるために、クラブを極端に短く持ってバンカーショットを打つ人もいますから。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。