ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

バンカーショット:高い球、低い球の打ち方

バンカーショットでは状況に応じて高いショットを打ったり、低いショットを打ったりする必要があります。

今回は高い球、低い球の打ち方をそれぞれご紹介したいと思います。

高いバンカーショットの打ち方

さて、まず最初は高さのあるバンカーショットの打ち方から見てゆきたいと思います。

構え方、打ち方についてはバンカーショットの打ち方でご紹介した基本的なことに下記のような変更を加えます。

①構え方

ゴルフボールを高く上げるにはまず、いつもよりオープンにスタンスをとります。体もそのラインに合わせて、左に向けます。体をいつもよりも開いて(左を向いて)構えるということになります。

②フェースを開く

体をいつもよりもオープンにして構えたら、今度はフェースがターゲットに向くまで開いてからグリップします。

体を開けば開くほど、フェースも開いて構える必要があります。

普通にグリップしてゴルフクラブのフェースだけ開こうとされる方がいらっしゃいますが、このやり方だとダウンスイングで結局閉じてしまいますので、フェースを開いてからグリップする・・・ということが大切だと思います。

③スタンス幅

より高く上げたい時はいつもより若干広めにスタンスを取ります。 

④打ち方について

ヘッドをボールの下に滑り込ませるように砂を長く浅くとるようにスイングします。

⑤フォロースルー

フォロースルーではヘッドがターンしないようにフェースを上に向けてフィニッシュをとります。

 

また、ゴルフスイング中に両膝が伸びてしまわないように注意してください。膝が伸びるとボールに直接当たったり、必要以上に深くヘッドを砂に入れてしまう原因にもなります。

低いバンカーショットの打ち方

さて、今度は低く打つ方法についてです。

グリーン周りのアプローチショットではボールを出来るだけ転がした方が、距離感を出しやすくなります。

バンカーショットでも、ボールとピンの間に距離があれば、(グリーンを使うことができれば)出来るだけ転がした方が多くの場合ピンに寄りやすく、距離感も出しやすいと思います。

そういう意味でバンカーでも可能な限り低いバンカーショットを打って転がしてゆくことも作戦の一つだと思います。

下記が打ち方です。

①ボールの位置

いつものようにアドレスをとりますが、ボールはスタンスの真ん中にセットします。スタンスはあまり開かずに、少しオープンな位で構いません。もっと低く出したい時はスクウェアに構えます。

②インパクト

ボールの5cm手前にクラブヘッドを入れます。

③フォロースルー

フォロースルーではヘッドを低く出してゆきます。

 

このように構えて、打つことでボールは必然的に低く出ると思います。

高く打ったり、低く打ったり・・・最初は慣れないとなかなか打ち分けられませんが、アドレスで高く打つように、もしくは低く打つように構えておくことが一番のコツだと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。