ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

フィル・ミケルソンのパター練習方法

今回はフィル・ミケルソンが行っているというパター練習方法についてご紹介したいと思います。

フィル・ミケルソンといえば、パターの名手というイメージがありますが、その彼が行っているパター練習はやっぱり気になります。

99%の確率で決める

彼のあるシーズンでのショートパットのデータを見てみると、3フィート(およそ90センチ)以内からのパットは544回打って、542回決めています。

アメリカではよく3フィート(90センチ)をパター練習の目安にするプロなどもいますが、フィル・ミケルソンのパター練習も同じく、3フィートからのものになっています。

以前、「アマチュアとプロ、数字で見るパッティングの差とは」でもご紹介しましたが、ハンデ15のアマチュアでさえ91センチからのパットは74%しか決めることが出来ません。4回打つと1回は外しているのです。

フィル・ミケルソンはこの距離から99%の確率です。

彼のパター練習方法はとても簡単なものです。

カップから1メートルのパットを100回決めるというものです。

ただ、同じ地点からではありません。カップの周りを円を描くようにして移動しながら決めてゆきます。

最初はカップの周りにボールを10個置き、それを10回連続で決めたらまた、10個並べます。これを10回行いますが、ミスしたら最初からやり直しです。

この練習で得られるもの

アメリカで有名なゴルフレッスンプロ、リック・スミスに言わせると、このパター練習では:

1.自信に満ちたストロークが手に入る
2.実際のパットの際にプレッシャーが軽くなる

・・・といった利点を挙げています。

フィル・ミケルソンはトーナメントなどでショートパットを打つ前にボールの横に立ってストロークの練習をしていることがあります。

これは彼が行っていたパター練習と同じ。本番でのパットはパター練習の続きという捉え方をしているようです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。