ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

クラブフェースをインパクトでスクウェアにする

ストレート、もしくはストレートに近いショットを打つにはインパクトでフェースがターゲットを向いていなければなりません。勿論、フェースがターゲットを向いていてもスライスやフックが出ることもあります。

スイング軌道がインサイドアウトだった場合は、クラブフェースがインパクトでスクウェアでもフック、スイング軌道がアウトサイドインだった場合は、スライスが出ます。

スイング軌道の狂いは、グリップやアライメント(スタンスや肩のラインなどの方向性)などが原因になっていることがありますので、そういった点も注意する必要があると思います。

さて、そういった問題がないことを前提にして考えてみると、インパクトでクラブフェースがスクウェア、つまりターゲットを向いていれば、ストレートショットもしくはそれに近いショットが出るはずです。

しかし、あれだけのスピードで動いているクラブフェースやクラブヘッドをコントロールするのは至難の業です。さらにクラブヘッドは手から離れていますし、ドライバーになるとシャフトも長くなりますから、余計体からフェースが離れてゆきます。

じゃあどうするか・・・ということになりますが、そんな時は左手の甲を使ってみるのも1つの方法です。

スライスが出る時というのはインパクトでクラブフェースがターゲットよりも右を向いています。その時の左手の甲は・・・というと、上、もしくは空の方を向いています。

ですので、インパクトで左手の甲がターゲットを向くようにして左手をインパクト前にターンさせてあげます。

こうすることでフェースもスクウェアになりやすくなると思います。

さらにドローボールを打ちたいということであれば、左手の甲がやや地面に向くように意識してあげるといいと思います。

このページ下部の関連ページにもスライスの直し方を詳しくご紹介していますので、よかったらそちらも参考にしていただければ幸いです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。