ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

アドレスの向き、肩のラインの方向を確認する方法

アドレスの向きを注意されている方は多くはないかも・・・知れませんが、ただ、実はショットを左右するとてもとても重要な要素だと思います。

スライスやフックもアドレスの向きを無視して直すことはできないと思うんです。

すべてはスクウェアに構えていることが前提で

ゴルフスイングの基準となるのが、アドレスの向きです。

雑誌やゴルフレッスン書などに書かれていることを実践しているのに、問題がなかなか解決しないことがありますが、その理由はそこにあるのかも知れません。

殆どすべてのゴルフスイングのコツなどはスクウェアに(ターゲットとボールのラインと平行に)構えていることを大前提としています。スクウェア・スタンスで構えるにはも参照ください。

スクウェアに構えていない状態でゴルフスイング中のポジションを変えようとしてみたり、下半身の動きを意識しても、それはうまくいかないかも・・知れません。

さて、アドレスの向きをチェックするには両肩、腰、膝、両足のラインを確認します。具体的には、それらがターゲットラインに対して平行になっているかを確認してみます。

アドレスの向きを確認するには

確認方法ですが、まず、構えます。次に体を動かさないようにして、ゴルフクラブを両肩にまず当ててみます。これで両肩がどこを向いているのかがわかります。

両肩に当てたクラブはターゲットライン(ボールとターゲットを結んだライン)に対して平行になっていれば、それはスクウェア・・・ということになります。

両肩に当てたクラブがそれよりも右を差している場合は、両肩のラインはクローズ。左を向いている場合はオープンです。

また、簡単に両肩をチェックするにはアドレスをした後に左手のグリップを離して、左腕を真横に(ターゲット方向に)広げます。肩の位置位まで上げてください。

この左腕が指す方向を確認すると両肩のラインの方向が分かります。

左腕とターゲットラインがこの時、平行になっていればスクウェアに構えている証拠です。少なくとも肩のラインに関しては。

また、重要なのが両肩のラインだけでは本当にスクウェアに構えているかどうかはわからない・・・という点です。僕が重要だと思っているのが、スタンスのラインは勿論ですが、両膝のライン・・・です。

これも肩のラインを確認したのと同じように、クラブを両膝に当ててみるとわかると思います。この時、多くのスライサーの方は、両膝のラインがオープン、つまり左を向き過ぎています。

その原因がウィークグリップにある場合もありますので、その場合はグリップの握り方も確認されるといいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。