ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

スクウェア・スタンスで構えるには

ゴルフでよく言われるスクウェアスタンスとはボールとターゲットを結んだターゲットラインもしくは飛球線(下記の図参照)に対して両足を結んだ線が平行になるように構えること

・・・と思っている方はいらっしゃいますか?


半分当たっていますが、これが半分間違ってかも・・・知れません。

スタンスというと殆どの方は足、特につま先で判断します。

つま先を結んだ線で判断してしまいがち・・・ですが、それだけでは本当のスクウェアスタンスかどうかがわからなかったりします・・。

あるプロが、つま先ではなくかかとを結んだ線で判断するように指摘していたことがありました。

これは人によっては左足(右利きの場合)を少し余計に開く(つま先を開く)場合があるため・・・だそうです。

しかし、これでも十分ではないこともあります・・。つま先やかかとを結んだ線がターゲットの線と平行でもスクウェアではない場合があるんです。

それはある実験をしてみるとよくわかります。

まずボールとターゲットを結んだ飛球線を示すためにゴルフクラブを地面に置きます。ボールとターゲット(狙っているピンなど)を結んだライン上にゴルフクラブを置いてください。

次にその線に対して平行に立ってください。

そして、実際にクラブを握ってアドレスをしてみてください。

そのままの姿勢で(手以外は全く動かさないでください)グリップを解いて持っていたゴルフクラブを右と左の膝を結ぶラインを示すために膝に当ててみてください。

シャフトが大体地面と平行になるようにします。

このままシャフトを動かさないようにして誰かにで持っていてもらうか、そのままの位置で下においてください。

最後に先ほど置いてみたゴルフクラブとターゲットの線を示すゴルフクラブと膝に当てたシャフトを比べてください。

この2本は平行ですか・・・?
平行であればスタンスはスクウェアスタンスということになります。

両膝を結んだ線が飛球線と平行ではなく、右に向かっている場合はクローズスタンスです。その逆はオープンということになります。

実は両足を結んだ線だけ見ると、スクウェアスタンスに見えても、両膝のラインを見てみると、オープンになっていた・・・という方が多いです。

膝のラインなどに関してはポスチャー(アドレスの姿勢)のところで詳しくご紹介しますが、この両膝を結んだ線がオープンになっている方はウィークグリップの方が多く、両膝を結んだ線がクローズになっている方はフックグリップの方が多いのが特徴です。

そして、この両膝のラインの間違いに関しては多くの場合、グリップを直すと、両膝のラインもスクウェアになりやすいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。