ホーム > ゴルフ基礎編 >
ゴルフ基礎編

調子が悪いと思った時は、ボールを思い切り右や左に置いてみる

以前、ボールの位置とその基準についてでボールの位置とその基準についてご紹介しました。

ボールの位置というのは、ここが正しい位置・・・というのは恐らくなくて、プロであっても全員が同じ位置にボールを置いているわけではありません。

打ちたいショットであったり、自分のスイングなどによっても適したボールの位置というのは変わってくるものだと思います。

ただ、その自分に適したボールの位置というのを見つけるのが難しいし、また、一度ここが適正な位置だと思っても、ボールの位置というのはある意味癖のようになっていて、気づいたら前と同じ位置にボールを置いていた・・・なんてこともあります・・

調子が悪いなと思ったら、ボールの位置がズレていた・・・ということもよくあります。

ボールを思い切り右や左に置いてみる

さて、本題に入りますが・・・調子がなんとなく悪いなと感じたり、思うようなショットが打てないと思った時などに(練習場で)できることがあります。

それがボールを思い切り、右や左に置いてみる・・・ということになります。

ここは思い切って極端にやりたいので、例えば、右足の前に置いてみたり、左足の前に置いてみて、そのボールを実際にミドルアイアンで軽く打ってみます。

こんなショットを打とうとか、真っ直ぐに打とうとする必要はありません。

どんなショットでもいいのですが、ただ、フェースの芯でボールを捉えることを目標にして、打ってみます。

ここまで極端にボールの位置を変えると、なかなか打つのも難しいかと思います。

左足の前(左利きの方は右足の前)にボールを置けば、引っ掛けが出やすいと思いますし、右足の前に置けば、プッシュアウトが出やすいかと思います。

ただ、ボールが飛び出す方向は修正する必要はありません。

例えば、左足の前(左利きの方は右足の前)にボールを置いて打って、引っ掛けが出たとします。

そしたら、次はボール1個分、右にボールの位置を変えて打ってみます。

また、引っ掛けが出たとします。

そしたら、引っ掛けを直そうとせず、次のショットでは(またフェースの芯でボールに打つことだけを考えて)ボールをまた1個分(最初の位置からはボール2個分)、右に置いて打ってみます。

こうやって、少しづつボールの位置を変えて打っていきます。

反対側(この場合は右足の前(左利きの方は左足の前))からも同じようなことをやってみます。

例えばこんな風にして、ボールの飛び出す方向をスイングで修正せずに、ボールの位置で修正することをやってゆくと、自分が打ち出したい方向に自然と打てるボールの位置というものが見つかることがあります。

もっとも、ショットの結果を左右するのはボールの位置だけではありませんが、ただ、ボールの位置はその結果を左右する大きな要素であることは間違いありません。

打ちたい方向に打とうとするより、自然とその方向に打てるボールの位置を見つけることで、スイングもどんどん安定してくると思いますし、ヘッドスピードも場合によっては驚くほどに上がってゆくこともあります。

ボールの位置についてはゴルフ基礎編ボールの位置にて色々とご紹介しておりますので、よろしかったらそちらも参考になさってください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。