ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

低いフックボールの打ち方

今回は簡単に低いフックボールを打つ方法をご紹介したいと思います。

やり方は大きく分けると2つのパートにわかれます。

1.構え方を変える
2.打ち方を変える

・・・という2つです。

一般的には最初の構え方を変える方法だけでフックボールを打つのですが、スライサーの方などはそれだけでは上手くフックが打てないことがあるかも知れません。

その場合は、打ち方も少しいつもと違うことを意識されてみてもいいと思います。

1.構え方を変える

さて、まずは構え方を変える方法です。低いフックボールを打つ時は

①右を向いて構える
②ボールを右足寄りに置く
③手はハンドファースト
④フェースはターゲットに向ける

この4つを変えてみます。

まず、ボールはターゲットよりも右に打ち出したいので、体も右に向けて構えます。

スタンスだけでなく、両肩のラインもボールの打ち出しライン(ターゲットライン)に対して平行になるように構えます。

ボールをいつもより右足寄りに置くことで低いボールが出ますし、フックも打ちやすくなりますので、その点も意識してみてください。

ボールはいつもよりも右に置けば置くほどに低く出ます。

どの位置がいいか・・・それは打ってみながら決めるといいと思います。

どれだけ低く打ちたいか・・・にもよると思いますので。尚、一般的なボールの位置に関してはボールの位置~ドライバーからサンドウィッチまでを参照下さい。

フェースはターゲットに向けて構えます。ですから、構えた時はかなりかぶせて構えているような形になります。

グリップはフェースをかぶせてから、握るようにしてください。握ってからかぶせても、ダウンスイングからインパクトにかけて結局フェースが開いてきますからフックボールは出ません

また、フェースをかぶせる際はハンドファーストになるようにします。よくフェースをかぶせて構えようとすると、グリップの位置がいつもよりさらに右に移動してしまう方がいますが、これでは意味がありません。

グリップの位置はちょうど左の太ももの(内側の)前位になるようにしてください。ボールの位置が右足寄りですから、かなりハンドファーストに構えている感覚になると思います。

2.打ち方を変える

この構えができたら後は自然とフックボールが出やすくなります。

ですから、まずはそのまま素直にボールを打ってみます。

ボールはターゲットよりも右に打ち出す意識で打ちます。

これでもフックボールが出ない時は打ち方を少し変えてみます。

具体的にはテニスでトップスピンをかけるような打ち方を意識してみてもいいかも知れません。

テニスをやったことがない方は、まずクラブは持たずに右手の平がフェースだと思って右手だけで素振りしてみるといいと思います。

ダウンスイングからインパクト後にかけて、右手の平が地面を向くような意識です。インパクトを過ぎて、右手が腰の高さまできたら、右手の平は完全に地面を向いているようにして何度も右手だけで素振りをしてください。

このイメージで今度はクラブを持って素振りをしてみます。力は入れません。5割から6割程度の力で振ってください。

実際にボールを打つ時も6割位の力で打つといいと思います。

これで毎回自信を持って打てるようになったら、ヘッドスピードを上げてゆけばよいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。