ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

フックグリップ(ストロンググリップ)にしてもまだスライスが出る

スライスを直すために、グリップをフックグリップにしたけれども、それでもまだスライスが出る・・・という方もいらっしゃいます。

何故、グリップを変えてもスライスがでるのか?ということですが、まず、そのグリップが本当に自分にとって、スライスが直るグリップであるか・・・という点が重要だと思うんです。

グリップというのは人によって違っていて、「これが万人に通用するスクウェアグリップです」・・・というのはないように思います。

どの程度のフックグリップにするか?

まず、最初にチェックしていただきたいのは、ボールを前にして構えて、左手のグリップを見た際に、左手のこぶしの山が3個から3個半見えているか、という点です。

このグリップだとフックが出る方も多いですが、スライサーの方にはこぶしの山が3個半見える程度のフックグリップでいいと思います。

右手も左手に合わせて、右へと回転させます。右手の人差し指と親指の間でできるVの字が右肩を指すようにしてみてください。

両手のグリップは、手のひらが平行になるように握るのがコツです。

両手の位置を確認する

ウィークグリップをやめてフックグリップで握る際、とても重要なことがあります。

それはグリップ(両手)の位置・・なんです。これがスボンのジッパーの目の前に来ていると・・・それではハンドファーストにはならず、本当の意味でのフックグリップとは言えません・・。

ですので、両手の位置が左足太ももの内側の前に来るようにしてグリップしてみます。その位置でグリップを握ってみてください。

それまでウィークグリップで握っていた方からすれば、随分と両手の位置が前になるような感覚になると思いますが、それで結構です。

また、もう1つ重要なポイントがありますが、この位置で構えると、殆どのクラブでシャフトがターゲット方向に傾いていると感じるはずです。これも重要なポイントです。

シャフトが地面から垂直になっていると感じたら、意識的にシャフトをターゲット方向に傾けてみます。これが出来ていないとスライスは止まらないはずです。

フェースをゴルフスイング中に開いてしまう癖

スライスの原因って非常に多種多様と言いますか、ゴルファーによってその原因が違ってきます。その中の1つなのですが、ゴルフスイング中、特にバックスイングでフェースを開いてしまっている方がいます。

これをやってしまうと、いくらグリップを変えてもスライスが出ます。

そこで、このフェースを開いてしまう癖の直し方ですが、よい方法がありますのでご紹介いたします。

まず、7番アイアンなどを持って、グリップをしてみます。次にわかりやすくするために、グリップを目の前に持ってきてください。両手を伸ばす形にします。

最初に、クラブを握った状態で、両手を右に回転させてみてください。左手の甲が前腕側に折れるような形になると思います。

これがフェースを開いたしまった状態です。両手のグリップを右へと回転させると、フェースが開きますから、スライスが出やすくなります。

次に逆のことをします。今度はクラブを握った状態で両手を左へと回転させます。左手の甲が手の平側に折れる形になると思います。クラブを握った時、左手の甲と前腕に少し角度ができると思いますが、この角度がなくなって、前腕から左手の甲まで真っ直ぐになっている状態です。

これは何をしたかというと、フェースを閉じたんですね。
これをゴルフスイング中にやると、フックが出やすくなります。

さて、スライスを直す場合は、バックスイングでややフェースを閉じるような感じにすることがコツです。ですから、バックスイングをはじめたら、両手のグリップを左へと回転させるような意識、もしくは、左手の甲を手の平側に折るような意識でもいいと思います。

これをやり過ぎると、チーピンが出ますが、スライサーの方、特にバックスイングでフェースを開いている方にはこのやり方が効果的だと思います。

最初はフックを打つ位大袈裟にやってみて、後は微調整してゆくと良いと思います。

フェースをスクウェアに戻すのではなくて、かぶせてゆく感覚

スライスが癖のようになってしまうと、グリップをフックグリップに変えても、なかなかスライスが消えないことがあります・・。

その原因は色々あると思います。

例えば、インパクトでフェースをスクウェアに当てようとされる方やボールを真っ直ぐに飛ばそうという意識からフェースをターゲットに向けて振ってゆこうとされる方もいらっしゃいます・・。

ただ、スライスを打っていた方がそれをやってしまうと、フェースは開いてしまうことが多いのではないかなと・・思います。

スライサーの方はむしろ、インパクトでフェースを積極的にかぶせてゆくイメージでもいいと思います。

これは以前にもご紹介したことがありますが、プロのスイングのスーパースロー映像を見ると、インパクトの後にフェースがえっ!?とビックリするほど返っています(閉じています)。

スクウェアに当てようという意識だと、プロのようにフェースは返らないのかも・・・知れません。

インパクトでフェースをかぶせる意識、その時アイアンであれば、両手が前に来るようにハンドファーストの意識で、フェースをかぶせる・・・ということを意識されるとうまくいくかも・・知れません。

両手は前、シャフトもターゲット方向に傾いた状態でインパクト・・・という形です。その形でフェースをかぶせようと思った方がうまくいくように思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。