ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ダウンスイングで体重移動ができない

ダウンスイングでどうしても左足に体重を移動させることができなくて、トップばかり打っている方がいました。

バックスイングでは体重を右足に移動させ、ダウンスイングでは逆に左に移す・・・ということはわかっていてもどうしてもダウンスイングの体重移動がうまくいかない。

・・・そのため飛距離も全く出ていませんでした。

しかし問題はどうもダウンスイングではなくて、バックスイングにあったようです。

体重というのは、バックスイングで右足に移動していれば、ダウンスイングは比較的簡単に左足に移すことができます。

でもそれができない、右足にどうしても体重が残っている原因はリバースピボット、つまり、バックスイングで左足に体重を残してしまうことであることが多いようです。

リバースピボットになっているかどうかはこんなことをチェックすることでわかります。

1.トップで左足(右利きの場合)を簡単に浮かせることができるか
2.背骨がトップで右に傾いているかどうか
3.トップで腰が右に流れていないかどうか
4.頭が肩の回転と一緒に右に回転しているかどうか

・・・という点になります。

冒頭の方の場合は3番以外はすべてできていませんでした。

体重を右に移す

その方は僕の知人の奥さんで、一回スイングを見て欲しいと言われたので、見させていただいたんです。

彼女と一緒に取り組んだポイントがいくつかあったので、ご紹介させていただきます。

1.アドレスで右肩を左よりも下げる

こうすることで背骨も右に少しだけ傾きます。

あとはその背骨に沿って肩と腰を回転させてあげることで体重は右足に乗ります。背骨がアドレスで地面と垂直だと、いくら回転しても体重は両足に均等にかかったままになります。

2.左足のかかとをあげる

多くの場合、上記を実践してもらうだけでリバースピボットが直ると思います。

ただ、彼女の場合は、上記のポイントだけではどうしても体重が右に移りませんでした。

そこで、まずは左足のかかとをテークバックをスタートすると同時に上げてもらいました。どちらかというと、左足のかかとを上げる動作(ヒールアップ)がスイング始動の合図のような感じです。

これは個人差がありますが、左足のかかとを上げた方が体重移動が楽にできる方もいらっしゃると思います。

3.頭は動いてもいい

彼女は、バックスイングの最中、頭を正面もしくはボールに向けたままトップまでクラブを振っていたため、どうしてもリバースピボットになりやすかった・・・のです。

そこで、頭は肩や腰がバックスイングで回転するとともに右へと回転してもいいことを伝えました。

勿論、目をボールから離すわけではありませんが、頭は背骨や肩、腰とつながっていますから、肩などが回転すれば、それと同時に右に回転するのが自然です。

でも頭を動かさないように・・・と教えられた人は頭を正面に向けたままスイングすることが多くこれが飛距離不足の原因になっています。

また、フルスイングで体重を右へ移動する際は、頭は回転するのと同時に若干右へと移動するのも自然な動きです。

4.つま先は開く

これは女性だからなのかも知れません。歩く時につま先を大きく外側に向けてがに股のようにして歩く女性は少ないと思います。

彼女の場合も、アドレスで構えた際につま先が真っ直ぐに向けられていました。

この状態で普通に右に回転してもらえばわかると思いますが、これでは十分にターンできません。

そこで、つま先を少し外側に向けて開いてもらいました。これで試してもらったところ、バックスイングで大きく回転できると驚いていました。

バックスイングで十分に回転できないと感じる方は右足のつま先を少し外側に開いてみてもいいと思います。

彼女には左足のつま先も外側に向けて開いてもらいました。こうすることで、インパクトでつまるような感じといいますか、振り遅れてしまう癖を直しました。また、フォローでも左足のかかとに体重がかかりやすくなっていきました。

まずは素振りから

上記のことを踏まえた上で、まずは素振りから練習してもらいました。

その際のチェックポイントは・・・

1.トップで左足(右利きの場合)を簡単に浮かせることができるか
2.背骨がトップで右に傾いているかどうか
3.トップで腰が右に流れていないかどうか
4.頭が肩の回転と一緒に右に回転しているかどうか

・・・という点です。

彼女の場合は少し時間がかかりましたが、上記の4つがしっかりとクリアできるようになり、スイングに力が出てきたというか、ヘッドスピードが大きく上がっているのを実感したようです。

そして、飛距離も大きく伸びました。

こんな風に、スイングをする前の段階、アドレスの構え方であったり、グリップやボールの位置・・・そういった点を修正することで大きく飛距離が伸びる方が多いように思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。