ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイング 「スウェイの原因と直し方」

スウェイとはゴルフスイング中に体が左や右へと大きくスライドしてしまうことをいいます。

バックスイングで腰が右へと流れると、回転することができなくなりパワーロスにつながります。

しかも、バックスイングで右へとスライドしてしまっていますから、ダウンスイングではまた左へとスライドし直さなければボールを打てません。

そうなると・・・毎回ボールをしっかりとクラブフェースの芯で捉えることが難しくなります。

原因は何?グリップの位置?

原因は「腰が右に流れる原因はアドレスにある」でご紹介したことが根本にあると思うんです。具体的には構えた時に右肩の位置が高いのだと・・・思います。

右肩の位置が高いと、実は「楽」なんです。勿論ですが・・普段から右肩を下げて立つ人などいませんから。だから、ついついゴルフでも楽な立ち方をしてしまいます。

しかし、問題はグリップの握り方の仕組みにあります。
右利きであれば、右手が下になり、左手が上になります。

プロのゴルフスイングの連続写真などを見てみると・・・インパクトでは必ず右肩が左肩よりも下がっています。

アマチュアの場合も同じです。グリップで右手が下になっていますから、そうなるはずです。

ここで1つ問題が発生します。

それはアドレスでは右肩が高かったことです。(つい楽に構えてしまった場合ですが) アドレスで右肩が高かったのに、インパクトで右肩が下がります。

何が起こるかというと、この動き(アドレスで右肩が高かったのに、インパクトで右肩が下がる動き)をすると必ずと言っていいほどフェースがインパクトで開く・・・ということです。

何とかしなくてはいけません。

普通に体をバックスイングで回転させて、ボールを打とうとするとボールは右へ行きますから。そこで、苦し紛れに無意識のうちにやっていたことの1つが・・・スウェイだった・・・ということはよくあることだと思うんです。

スウェイの直し方について

さて、直し方についてはまずはアドレスで右肩を下げてあげることだと思います。その状態でグリップをすること。グリップしてから、右肩を下げても以前と同じことですから。

グリップを直したら、今度は無意識でやっていた腰のスライドを直してゆくわけですが、いくつか打ち方を紹介します:

1.スタンス幅を狭くして打つ

ミドルアイアンなどを持って、スタンスを思い切り狭くしてボールを打ちます。
両足を揃えるくらいでいいです。

実際にボールを打つ時は、構えた時に右肩が下がっていることを注意して、後は回転を意識して打つことです。

2.右足を引いて打つ

上記を同じように両足を揃えて構えたら、今度は右足を少し後ろに引いて構えます。こうすることで、少しクローズスタンスにします。

今度はダウンスイングで体を左に回転させるイメージで打つといいと思います。

どちらかというと体を回転させるイメージよりもクラブヘッドを左へと振りぬくイメージがいいのかも知れません。

いずれにしても左に腰を流すよりも回転をイメージできればいいと思います。

右に傾いた背骨の角度をそのままに素直に回転する

スウェイの原因と直し方について上記では見てきました。

その中で構えた時に右肩の位置が高いことがスウェイの原因にもなっている・・・と指摘させていただきました。

右肩というのはアドレスで左肩よりも右手が左手よりも下に来る分だけ下がります。

このように構えると、背骨の角度も若干ですが、右に傾いた形になります。この背骨の傾きというのはスウェイを直す上でもスライスを直す上でも、飛距離を伸ばす上でもそうですが・・・大事になってくると思うんです。

アドレスで背骨が右に傾いています。

その傾きを意識したら、後はその右への傾きを維持したまま、その背骨を中心に右に体を素直に回転させてあげます。

すると、バックスイングのトップでも背骨というのは右に傾いた形になります。

このような形でバックスイングすると、体重は案外簡単に右足にしっかりと乗ります。そして、スウェイする必要がなくなります・・。

バックスイングでスウェイしてしまうのは、右足に体重が乗らないから、無理に右足に体重を乗せようと思って、回転ではなくてスライドしてしまうことが1つの理由だと思うんです。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。