ホーム > 飛距離アップ編 >
飛距離アップ編

体力の衰えを感じても若い頃の飛距離を維持する6つの方法

年をとって、お腹が出てきたり、運動不足から体力がなくなってきたりすると飛距離が落ちてくることがあります。

本来であれば、トレーニングをすることで飛距離を維持、もしくはアップしましょう・・・と言いたいところですが、それはまた次回にするとして・・、今回はスイングに少し変更を加える方法について書かせていただきたいと思います。

変更を加えることを検討するポイントは6つあります。

1.左足のかかとを上げる

バックスイングで左足のかかとを上げることでバックスイングを大きくしたり、体重移動がしっかりとできるようになることがあります。

これについては左足を浮かすヒールアップとベタ足についてでご紹介していますので、そちらも参照下さい。

左足のかかとは上げるという意識よりも、自然と上がってくるようなイメージを持つといいと思いますが、慣れないうちは意識して左足かかとを浮かせるような形でバックスイングしてみてもいいかも知れません。

2.バックスイングでの左腕

ツアープロのバックスイングを見ると左腕が真っ直ぐに伸びていて綺麗に見えます(実際には伸ばしているわけではありません)。

ただ、シニアゴルファーの方がこれをやろうとすると、体の回転が抑制されてしまうことがあります。ですから、左腕は曲げても構わないと思います。

これも意識して左腕を曲げようとするというよりも・・・真っ直ぐに伸ばそうという意識を持たないだけでもいいと思います。

3.グリップをテンフィンガーに

テンフィンガーグリップもおすすめです。全部の指でクラブを握ることで、ヘッドスピードが上がったり、コントロールしやすくなる場合もありますし、このグリップの方が向いている方もいらっしゃると思います。

テンフィンガーグリップについては、テンフィンガーグリップを参照いただければ幸いです。

4.クローズスタンスにする

クローズスタンスに変える・・・という方法もおすすめです。やり方は簡単でいつも通り構えたら、右足を5センチから10センチほど後ろに引きます。

こうすることでクローズスタンスになります。

クローズスタンスにすることで、バックスイングで回転しやすくなるという利点がありますし、ドローボールが打ちやすくなるという利点もあります。

5.腰を回転させる

時々ゴルフ雑誌などに腰をできるだけ回転させないで、上半身を下半身に対してねじるようにバックスイングしましょう・・・と書かれていることがありますが、僕はあまりこのやり方には賛成できません・・。

特に年齢を重ねて体がかたくなった方は、むしろ積極的に腰を回してゆくことが大切だと思います。腰を回せば、上半身も回転しやすくなります。

試しにこんなことをしてみます。

真っ直ぐに立って、両手を腰に当てます。腰を回転させないように意識して、上半身を右に回転させてみてください。

次に同じように立って、今度は腰も一緒に右に回転させるイメージで右に体を回してください。

きっと後者の方が体を大きく回転させることができたと思います。

腰を回転させないようにした時では上半身を回転させるのが困難ではなかったですか?

6.毎日5分のストレッチ

お金も時間もかけずに飛距離を伸ばす方法でご紹介したように毎日5分間ストレッチをすることで、50歳を過ぎた方でも飛距離を大きく伸ばした人がいます。

ストレッチのポイントをもう1度おさらいしますと・・・

1.無理に伸ばし過ぎない
2.気持ちよく伸ばせるところでやめる
3.反動をつけて行わない(静的ストレッチの場合)
4.体が冷えた状態で無理に伸ばさない。風呂上りなどがおすすめ

ポイントは無理をしないで、楽に続ける・・・ということだと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。