ホーム > 飛距離アップ編 >
飛距離アップ編

ストレート系のボールを打っているのに飛ばない

ストレート系のボールを打てているのに、飛ばない・・・そんなこともあるかも知れません。

話は変わりますが、アドレスではフェースをスクウェアに(目標に向けて)構えるのが基本です。

ただ、プロでもアドレスの時点でフェースをほんの少し開いたり、閉じたりしている人もいる・・・アドレスでのフェースの向きはスクウェアだけではない・・・ではそんなお話をご紹介させていただきました。

クラブフェースをスクウェアに構えていて、例えば、思うようにストレート系のボールを打てている・・・という方の中には、実はクラブフェースの(向きの)狂いをスイング中に無意識の間に修正していた・・・という方もいます。

それでストレート系のボールを打っていた場合、グリップはまず疑うことはないと思うんです。ストレート系のボールを打っているわけですから。

ところが、グリップを少しフック気味にしてみた途端、そんなに力を入れていないのにすごく勢いのあるボールが打てるようになった・・・そんなケースもあります。

その反対に少し(今より)ウィーク気味にしたらよくなったというケースもありますが、どちらかと言うと飛距離が伸びるケースはフック気味にしてみた場合に多いようです。

何故ショットの勢いが増したのかというと、その理由の1つは恐らく、スイング中にフェースの向きを何かしらの方法で修正する必要がなくなったから・・・だと思うんです。

スイング中に例えば、フェースが開いてしまった・・・そんな時はどうにかしてインパクトまでにフェースを閉じなければなりません・・

こうやってスイング中にする調整は無意識の間に行われている場合もありますが、これが実は想像以上にヘッドスピードを奪います。

だから、そういったスイング中の調整を減らしてみると、本人もビックリしてしまうほど・・・飛距離が伸びることがあります。

そんな時はインパクトの音が変わってきます。インパクトの感触も変わってきます。

それくらい・・・スイング中に(無意識の間に)している調整というのは、飛距離を奪うものだと思うんです。

アドレスでフェースをわざと閉じてみる

もしストレート系のボールを打っていらっしゃるのに、そんなに飛距離が出ない・・・というケースでドライバーなどの長いクラブになると意図せずにフェード系のボールになってしまったり、ミスする時はスライス・・・という場合にできることがあります。

こんな時、あえて練習で今よりもフックグリップにしてみるのも1つの方法かも知れません。

グリップの握り方に関しては基礎編グリップのコーナーにてご紹介しておりますので、よろしければそちらも参照ください。

ただ、ゴルフを長年プレーされてきた方ですと、グリップの握り方を変えることにものすごく抵抗がある方もいらっしゃると思うんです。

まず、違和感がすごくありますから・・・新しい握り方というのは・・

そんな時には、握り方はそのままに、アドレスでいつも通りに構えたら、フェースをわざと閉じてみます。

握ったまま閉じてしまうとスイング中に元に戻りますので・・・フェースをほんの少し閉じて(左に向けて)から・・・握り直します。

フェースをどの程度左に向けるか・・・ですが、若干左を向いているかな?・・・程度から始めて、そこからどんどん左に向けていってもいいかも知れません。そうやって試していきます。

構えてフェースを見ると、いつもよりもかなり左を向いています・・・これもかなり違和感があるかと思いますが、それがスクウェアのつもりでティーアップしたボールをミドルアイアンで軽く打ってゆきます。

フェースの向きがインパクトでどうなるとか・・・スイング中にどこを向いている気がするとか・・・そういったことは一切忘れて、ただ、軽くクラブを振ってゆきます。

スイング中に調整しようとしてしまうと・・・またヘッドスピードが落ちますので・・

そうやってフェースを左に向けて構えているのに・・・勢いのあるストレート系のボールが出る・・・という場合は、そのグリップがその方にとってのスクウェアなのかも知れません。

この時点ではじめて・・・グリップの握り方を本格的に見直してみるのも良い方法かも知れません。

クラブフェースを目標に向けて構えていた方であれば・・・以前のようにクラブフェースを目標に向けて、両手を少しづつ右へと回転させて、以前よりもフックグリップにしてゆきます。

その際は両手のグリップが左足太ももの内側の前に来るようにしてみます。これも重要なポイントです。

グリップに関しては他のページで詳しくご紹介しておりますので、この辺に致しますが、スライスを打っている方は劇的に飛距離を伸ばせる可能性がありますし、ストレート系のボールを打っている方でも・・・さらに飛距離を伸ばすチャンスというのはあると思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。