ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

ピッチ&ラン、ランニングアプローチで手打ちを直す方法

手打ちはフルスイングの時だけ・・・ではなくて、グリーン周りの短いショットでも手打ちになってしまうこともあると思います。

手打ちとは手や腕の動きと体の動きがマッチしていない状態です。アプローチショットでザックリいってしまったり、トップしたりすると、また同じ結果になるのでは・・・と萎縮してしまうことがよくあります。

すると体が硬くなって、手だけで打とうとしてしまうのです。

手打ちをしているかどうかのチェックポイントとしては、ピッチ&ラン、ランニングアプローチで胸が動いているか・・・という点です。

バックスイングをする時は胸は右へと少し回転します。フォロースルーでは胸は左へと回転します。

このようにして胸の動きが腕の動きに合わせてスムーズに動くとショットも安定してくると思いますし、手打ちも直ります。

この動きを簡単にできる練習方法があります。
今回はその中の1つをご紹介させていただきたいと思います。

まず、アプローチショットの打ち方でご紹介したようにしてアドレスをします。次に、

1)ターゲットを見ながら素振りを数回繰り返す
2)ターゲットを見ながらショットを打つ

※この練習はグリーン周りの短いアプローチショットです

ターゲットを見ながらアプローチショットを打つということは頭はターゲットの方に回転させた状態になります。

こうやってショットを打ってみると、自然と体がスムーズに回転するようになります。

慣れてきたら、今度はボールを見ながらいつも通りに打ってみるといいと思います。

胸の動きを意識する

冒頭でも少し書きましたが、アプローチショット(チッピングなど)で手打ちをしている方を見ると、上半身の動きが少なく、手だけでクラブを振っているように見えます。

腕だけでクラブをコントロールしようと思うと、クラブヘッドの軌道が不安定になりますから、トップやダフリにつながってしまいます。

そこで、バックスイングの際に胸の動きを意識してみてもいいと思うんです。

バックスイングをはじめたら、アドレスで正面を向いていた胸が右へと回転するのを意識します。

ダウンスイングではその胸を今度は左へと回転させてゆきます。

グリーン周りの短いアプローチショットの場合、胸の動きと腕の動きを合わせるような意識でもいいと思います。

そうすることで、安定したアプローチショットが打てるようになると思います。

アプローチショットは大きな筋肉を意識してみる

アプローチショットで手打ちを直す方法について、ここまで書かせていただきましたが、その1つのポイントは胸をバックスイングで右へ、ダウンスイングで左へ回転させる意識を持つこと・・・とご紹介させていただきました。

グリーン周りのアプローチショットは力が必要ないので・・・つい、手や腕の力に頼ってスイングしてしまいがち・・・かも知れません。

それが手打ちになるわけですが・・手打ちをやめるには、もっと大きな筋肉を意識する必要があるのかも知れません。

大きな筋肉を使うことで、ヘッドの動きも安定すると思うんです。

そのための1つの練習方法が片手打ち・・・だと思います。

具体的にはいつものように構えたら、右手だけで打ちます。その際、左手は右腕の上腕(肩から肘までの部分)に当てます。

右の脇を締めるような意識で左手を右腕の上腕に当てるといいかも知れません。

片手ですと、手や腕だけではうまくクラブが振れませんので、必然的に体の回転を使うようになると思いますし、その過程でヘッドの動きも安定してくると思います。

下半身は動かしていい

偉大なゴルファー・・・というとバイロン・ネルソンを挙げる方もいらっしゃると思います。メジャーで5勝を挙げ、ツアーで11連勝という記録を打ち立てたゴルファーです。

そのバイロン・ネルソンがアプローチショットについてこんな言葉を残しています。

「You must have the legs active in a chip shot」

グリーン周りのアプローチショット(チップショット)では下半身は動かしていい・・・そういう意味です。

グリーン周りの短いアプローチショットでは体重の8割程度を左足に予めかけておきます。そして、体重移動はしないで打つことでショットを安定させることができます。

その際、下半身を固定しようとしてしまう方がいらっしゃいますが・・・それをやってしまうとどうしても手打ちになってしまいがちで、トップやダフリの原因になります。

下半身は固定せず、動かしてもいい・・・という風に考えると、スイングの軌道も安定してくるのではないかなと・・思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。