ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

フォローの風(追い風)でのドライバーの打ち方

アゲンスト(向かい風)に負けないアイアン・ドライバーの打ち方の逆で今度はフォローでのドライバー、アイアンの打ち方についてご紹介させていただきたいと思います。

フォロー(追い風)でのドライバーやアイアンの打ち方にもちょっとしたコツがあるように思います。

追い風で大事なのは「弾道の高さ」と「適度なバックスピン量」

追い風の場合、普段よりも飛ぶと考えてしまいます。

実際にボールはよく飛びます。ただ、打ち方を間違えてしまうと・・・フォローなのに飛ばない・・・という現象が起きることがあります。

フォローの風で大事なのは、「弾道の高さ」と「適度なバックスピン量」・・・だと思うんです。

フォローで飛ぶと思って打ったのに、ボールが突然風にまるで上から押されるようにして、急に落下してしまうことがあります。

この1つの原因が「弾道の高さ」で、弾道の低いショットを打ってしまうと、風に上から押されるかのようにして、ボールが急に落下することがあります。

そのためフォローでは弾道の高いショットを打つ必要があります。

フォローでは、いつもよりティーアップを高めにして打つ・・・というのも1つの方法だと思います。

フォローで大事になってくる2つ目のポイントがバックスピン量です。

バックスピン量が足りないと・・・風に乗ることができずに、ボールが急に落下することがあります。

そのため、フォローではしっかり目にスイングして、ヘッドスピードを上げることでボールにバックスピンをかけるようにすることが大事だと思います。

アゲンストの風では逆で、速くスイングすればするほどバックスピンがかかって、ボールが吹け上がり・・・飛びませんが、追い風では逆にヘッドスピードを上げて、バックスピンを多めにかけることでボールを風に乗せることができます。

追い風の中でドライバーでティーショットをする場合は、コントロールできる範囲でヘッドスピードを上げてスイングすれば、飛距離は伸びると思いますが、ヘッドスピードを落としてしまうと、逆に風に押し潰されるような形になって思うほど飛距離が伸びないこともあるかも・・知れません。

その場合は、あえて、3番ウッドにすることでバックスピンもドライバーより増えますし、弾道も高くなりますから、ドライバーよりも3番ウッドの方がフォローの風では飛ぶ・・・ということもあるかも知れません。

フォローの風はアゲンストの風などに比べてボールも曲がり難いですから、あえて3番ウッドでフルスイングしてゆく・・・というのも1つの方法かも知れません。

アイアンでグリーンを狙う際ですが、アイアンの場合はもともと十分なバックスピンがかかりますので、ロングアイアンでもない限り飛距離が落ちることはまずないと思います。

そのため、グリーンの状態などにもよりますが、基本的には、いつもより飛んで、落ちてから転がることを考慮して、番手を下げてグリーン手前から攻めてゆきます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。