ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンの番手間の飛距離をコントロールする方法

ピンやグリーンまでの残りの飛距離が中途半端になってしまうことはゴルフではよくあるわけですが、その際はどうやって飛距離を調節していますか?

この場合、いくつか方法があると思うんです。

今回はアイアンの飛距離を調節するためにできる方法を書いてみたいと思います。

やり方はいくつかありますが、どれが正解というわけではなく、ご自分に合うやり方を見つけること、そして状況に合わせて使い分けることが大切ではないでしょうか。

1.1つ大きい番手でスイングを小さくして打つ

1つ大きい番手を使って、バックスイングの大きさを変えて飛距離を落とすという方法です。

バックスイングをスリークォーター(4分の3)にして打つとどの程度飛距離が落ちるとか、ハーフスイングならどの程度か・・・というのはある程度把握しておいてもいいと思います。

次の方法もそうですが、大きめの番手を持って飛距離を調節する場合はヘッドスピードを落ちることで、バックスピンも減りますから、番手によってはグリーンに落ちてから転がります。ですから、手前から転がしてゆくようなイメージでもよいかも知れませんね。

2.1つ大きい番手でスイングスピードを落として打つ

スイングの大きさはあまり変えず、スイングスピードだけ落として軽く打つ・・・というやり方です。

スイングを中途半端に小さくするとコントロールができない・・・という方はこの方法がよいのかも知れません。

3.番手は変えず、スイングスピードを上げて打つ

残り145ヤード。普段は7番アイアンで140ヤード打っているけれど、フルスイングして、145ヤードを打った方がいい・・・という方もいます。

スイングスピードを落とすと、躊躇してしまってダフったり、トップしたりするというケースはアマチュアでは多いものです。

それなら、思い切ってフルスイングした方がいい。そういう風にアドバイスするレッスンプロもいます。

また、ヘッドスピードを上げて打つとバックスピンが増えてボールも高くあがりますから、番手によってはピンの真上からボールを落とすような意識でもいいかも知れません。

4.スタンス幅を変えて飛距離を打ち分ける

スタンス幅というのは飛距離に大きな影響を与えるものです。

両足をこぶし一個分だけ開けて、極端に狭いスタンスでボールを打ってみるとわかりますが、ボールがいつもより全然飛びません。

これは体重移動があまりできないことと、スタンスを狭くすることでスイングの大きさも変わってくるためだと思います。

今田竜二プロなどは、右足を一足分狭くしてクラブを少し短く持つことで5ヤード飛ばなくなると語っています。

逆に飛ばしたい時は両足を半足分ずつ広げ、ボールを体の真ん中よりも右足寄りに置くことで、通常のショットよりも5ヤード飛ぶそうです。

例えば、7番アイアンの通常の飛距離よりも若干短い飛距離が残った場合は、スタンスをほんの少し狭くして打つことで距離を調節することができます。

5.クラブを短く持つ

この方法はプロもよく使うのですが、僕個人的にはあまりおすすめできない方法です。特にアイアンの場合は。

というのもアイアンは短く持ってしまうとライ角にも影響を与えてしまいます。

短く持つことで、いつもよりもフラットなライ角のアイアンを持っているような感じになり、ボールは右へ飛びやすくなる可能性があります。

クラブを短く持つ方法が合う方はそれでよいのですが、基本的にはクラブを短く持つということはアイアンの場合、特殊なケースを除いて僕はおすすめできないと思っています。

6.ドローボール・フェードボール

その番手では飛距離がちょっと足りない・・・という時はドローボール。

逆に、ちょっと大きいか・・・と思った時は、フェードボールを打つことで、飛距離を合わせるというテクニックもあります。

僕の場合は持ち球がドローボールですから、ドローボールを意図的に打って飛距離を調節することはありますが、逆に持ち球ではないフェードボールを飛距離を調節する目的で打つことは殆どありません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。