ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンのミート率を上げる

アイアンでもドライバーでもそうですが、ミート率というのは大切になってきます。

どれだけスイングスピードを上げたところで、ミート率が低かったのでは意味がありません。

飛距離というのはやはり平均飛距離で考えてゆかなければならないので、250ヤード飛ばしても次のホールでミスって150ヤードしか飛ばなければ、平均飛距離は200ヤードになります。

最初のうちは平均飛距離よりも会心の当たりが一発でもあれば、大満足なわけですが、ある程度のレベルになってきたら、ミート率というものを考えてみてもよいのかも・・知れません。

入射角とエネルギー効率

例えば、アイアンでのミート率を考える場合、入射角を安定させる必要が出てきます。

宮里藍選手は以前、クラブを長く握る癖があったのですが、本人は「前からわかってはいたけど、長く握るのが自分のクセなので知らないふりをしていた」と父親であり、レッスンプロの宮里優氏に話したことがあったそうです。

優氏はそんなにクラブをぎりぎりで握っていると入射角が狂ってしまうだけじゃなく、エネルギー効率も悪くなる・・・と藍選手にアドバイスしたそうです。

グリップエンドぎりぎりで握っていると、どうしても左手の小指に力が入ってしまい、ヘッドがぐらついてしまう傾向があります。

しかし、ゴルファーなら誰もが、少しでも飛ばしたいと思っているので、どうしても長く、グリップエンドぎりぎりまで握ってしまいがち・・かも知れません。

指一本分短く握ってみる

宮里藍選手は父親のアドバイスをもらってからはクラブを短く握るようにしたそうです。

他にも女子で世界最強と言われたアニカ・ソレンスタムもクラブを短く握っていました。

ではどの位短く握ればいいのかと言うと、指一本分短く握る。

宮里藍選手はそのためにグリップを握るためにあることをルーティーンにしました。

彼女はまず、左手のグリップを握り、その後で右手の人差し指を左手の小指の側面(グリップエンド側)に添えるようにしました。

その右手の人差し指一本分、左手の小指がグリップエンドから離れていることを確認してから、右手のグリップを握るようにしたそうです。

こうすることで、常に指一本分短く握ることができます。

ひと手間省いて、最初から右手の人差し指と親指でグリップを支え、指一本分開けて、左手でグリップしてみてもいいかも知れません。

ドライバーでいきなり短く握りましょうと言っても抵抗があるかも知れませんが、最初はショートアイアンから試してみてもいいかも知れません。

ミート率が上がってショットの質が高まってきたことを実感できたら、今度はミドルアイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド・・・という風に他のクラブでも試してみてもいいかも知れません。

勿論、全ての人にグリップを短く握りましょうとすすめるつもりはありませんが、ミート率を上げたいとお考えの方にはおすすめできる方法だと思います。

パー3のパーオン率が高いプロ達がやっていた簡単なこととは?

パー3のパーオン率を上げるために何ができるだろうか・・・と考えた時に、色々なことが思い浮かんできます。

グリーンのセンターを狙うこと・・・それも1つかも知れません。ショートすることが多いのか、オーバーすることが多いのか・・・を分析してみることもその1つかも知れません。

このページでご紹介させていただいてきた、ミート率を上げるということもその方法の1つだと思うんです。

ミート率が上がれば、ショットも自ずと安定してきます。

ところで、パー3のパーオン率が高い人とそうでもない人がプロの中でも(アマチュアとはそのレベルが違っても)いると思うんです。

そんなパーオン率が高いプロの一人が片山晋呉プロでした。

その片山晋吾プロや他のパー3のパーオン率が高いプロなどがやっていたという練習があったんです。

それはとっても簡単なことでした。

何だと思われますか・・・?

それは、「ティーアップして練習する」・・・ということだったんです。

考えてみれば理にかなっていると言いましょうか・・・本番では必ずティーアップして打つわけですから・・。

片山晋吾プロがティーアップして練習することが多かった理由はもう1つあって、それは、(インパクトでの)クラブの入り方や打点を確認するため・・・だったようです。

ティーアップした方がクラブフェースのどこに当たったか・・・ということがより感じやすくなると思うんです。

パー3だけではなくて、例えば、短いパー4などのティーショットでユーティリティや3番ウッド、5番ウッドなどを使われるのであれば、やはり実践と同じように、ティーアップして練習した方がいいのかも知れません。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。