ホーム > トラブル解決編 >
トラブル解決編

アイアンの飛距離不足はしゃくり打ちが原因?

アイアンの飛距離不足の原因の1つがしゃくり打ちです。ボールを上げようという意識があると、下からすくい打つような形になってしまいます。

ティーアップしているボールと違って、地面にあるボールをこのような形で打つと、本来のアイアンのロフトが増してしまい、ボールは高く上がりますが、勢いがなくなって飛距離が出ません。

これを防ぐには以前からご紹介しているダウンブローで打つことです。ダウンブローで打つためのイメージとしては、ハンドファースト(手がクラブヘッドよりも先)でボールを捉える形を意識することです。

そのために良い練習方法がありますので2つご紹介します。

1つはボールの位置とスタンス幅を変えて行う練習です。

クラブは7番アイアンを使います。スタンス幅はいつもより狭くして構えますが、左足と右足の間をこぶし2個分程度あけるといいと思います。

次にボールの位置をスタンスの真ん中よりもボール1個分程度右にセットします。

7番アイアンにしては、かなり右よりのボールの位置です。この状態でボールを打ってみると自然とダウンブロー気味に打てるのではないかと思います。

2つ目の練習も7番アイアンを使います。右足のかかとの下にボールを置いて、そのボールを踏みながら軽く打ちます。

いずれにしても、ボールは上から叩きつけるというよりも、フェース(ヘッド)を緩やかに下降させながら打つイメージでいいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。