ホーム > ゴルフクラブの選び方 >
ゴルフクラブの選び方

長尺ドライバーの打ち方のコツ

長尺ドライバーを購入したのはいいけど、うまく打てない・・・という方もいらっしゃるかと思います。

振り遅れたり、スライスが余計ひどくなったり、逆に打ち急いで引っ掛けなどが出たり・・・といったことが長尺ドライバーだと起こったりします。

よく長尺ドライバーにするとミート率が落ちるのではないか・・・と言われます。

確かに長いシャフトになるとそれだけヘッドスピードも上がりやすくなりますから、クラブをコントロールするのもそれだけ難しくなるとは思います。

しかし、だからといって長尺ドライバーが打てない・・・というのは長さだけの問題ではないようです。

テンポを変える

まず、シャフトが長くなるということは、例えばアイアンのようにシャープに振ることはできなくなります。

長尺ドライバーが打てないという方は、長いシャフトにしたのだからヘッドスピードをあげなくちゃ・・・とか、飛ばさなくては・・・と思って打ち急いでいるケースが多いようです。

長尺ドライバーを打ちこなしている方は、どちらかというとゆったりとしたテンポで打っている方が多いようです。

シャフトが長くなった分、ヘッドを加速させるのには時間がかかります。

打ち急いでしまっては、逆に振り遅れてしまうことが多くなります。

竹ぼうきを振る練習をする方もいますが、長尺が苦手という方にはよい練習かも知れません。竹ぼうきのように長くて重いものは打ち急いだりできないものですから。

ただ、竹ぼうきを用意するのも大変だったりしますので・・・

例えば、こういった練習器具もあります。

ロイヤルコレクション トライワンスティック

ツアープロの間で話題になったものがリニューアルされた製品になります。(価格が少しリーズナブルになりました)。

この製品は長さもあって、ドライバー感覚で振りながら、トレーニングできるのも良い点だと思います。

ボールの位置

ボールの位置(ボールポジション)ドライバーからサンドウェッジまででもご紹介しましたが、ドライバーのボールの位置というのは、左足のかかとの線上・・・が基本になります。

そこから持ち球に合わせて左右に移動させてゆきます。

長尺ドライバーの場合はシャフトが長くなりますから、今までのドライバーのボールの位置よりもボール半分程度左に置いてみてもよいかも知れません。

ただし、引っ掛けやスライスが多い・・・という方はあえてボールを左にセットせず、左足のかかとの線上か、もしくはそれよりもボール半個分、右に置いて、少しインサイドから打つイメージでもよいかも知れません。

難しいと感じる理由はヘッドにあるのかも

極端に長くなった場合は別ですが、ドライバーはシャフトが長くなったからといって、いきなり難しくなったりはしないものだと思います。

難しいと感じる原因はシャフトの長さというよりも、ドライバーのヘッドにあることも多いです。

例えば、スライサーの方が大型ヘッドに変えて、余計スライスがひどくなったりします。

大型ヘッドはスイートスポットが広くできる代わりに、重心の位置がシャフトから離れてゆき、ヘッドの返りが悪くなる・・・という欠点もあります。

もっとも、それを補うために、フックフェースにしたり、ライ角を変えたり・・・と各メーカーとも調整をしていますが、それでもやはり大型ヘッドはヘッドの返りは悪い傾向があります。

これは一例ですが、長尺に変えてドライバーが打てなくなった・・・という時は、重心や重量、フェース角、ライ角などもチェックしてみる価値はありそうです。

そういった詳しいポイントについてはドライバーの選び方でもご紹介していますのでよかったらそちらを参照ください。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。