ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

アドレスでのボールの位置はすべて左足かかとの線上がいい?

アドレスでのボールの位置はすべてのクラブで左足かかとの線上がいいのかどうか・・・と疑問に思っている方もいらっしゃるかも知れません。

アドレスした際のボールの位置ですが、2つの考え方があります。
1つは位置を固定してしまう・・・という考え方。

例えば、ゴルフの帝王と言われたジャック・ニクラウスはボールの位置は全てのクラブで左足かかとの線上にするべきだと語っています。

もう1つの考え方は、クラブによって、または場面によってボールの位置を変えてゆくという考え方です。タイガー・ウッズなどはこのやり方です。

クラブによってボールの位置を変えるというのが今ではより多く採用されている手法といいましょうか、スタンダードですが、左足かかとに合わせたり、その内側に合わせてボールを置くというプロもいます。

これは、どちらが正しいということではなくて、どちらが自分に合うか?という問題だと思います。今回はボールの位置について少し詳しくご紹介したいと思います。

記事の中でボールをより右にとか左に・・・とありますが、その基準については正しいボールの位置とその基準についてを参考にしていただければ幸いです。

何故、ニクラウスは左足かかとの線上と言ったのか?

ニクラウスは自身の著書 「Golf My Way」の中で、ボールの位置をすべてのクラブで左足かかとの線上にする3つの理由を語っています。それらは、

1.スイングをシンプルにするため
2.インパクトで一番クラブフェースをスクウェアにしやすい位置だから
3.ヘッドスピードが最速になる位置が左足かかと線上だから

ニクラウスは、下半身(フットワーク)を積極的に使う選手だと自分自身で分析していましたが、下半身を積極的に使う選手はボールの位置がそうでない選手よりもより左に置いた方が良い結果になることがあると語っています。

また、同じように、上半身を積極的に使うタイプの選手はそうでない選手よりもボールの位置は右寄りの方が向いていると語っています。

ニクラウスはボールの位置を左足かかと線上にすることで、フェースをスクウェアにしやすいと語っていて、それよりも右にボールを置いた場合は、クラブがインサイドから入り過ぎてフェースが開き、それよりも左にボールを置いた場合は、クラブがアウトサイドから入り、フェースは閉じる・・・と語っています。

ボールの位置を決める2つの要素

さて、ボールの位置というのはやはり、人それぞれ違っていてよいと僕は思っています。

ただ、何でもいいわけではなくて、ボールの位置は、どんなショットを打ちたいかによっても変わってくるものだと思います。

その際に大切な要素が2つあると思うのです。

1.スイングの最下点

ジャック・ニクラウスは、スイングの「最下点のほんの少し前でボールを捉える」と語っています。彼のショットを見ても、タイガー・ウッズのように大きなターフをとるようなダウンブローのスイングはしていませんでした。

ボールの位置:ドライバーからサンドウェッジまででご紹介しましたが、タイガー・ウッズはジャック・ニクラウスよりもボールを右に置いています。彼のボールの位置は、

サンドウェッジ: スタンスの中央、又はほんの少しだけ中央より左
5番アイアン: サンドウェッジのボールの位置よりもボール1個分左
ドライバー: 5番アイアンの位置よりもさらにボール1個分左(左足かかと)

ドライバーを除いて、ニクラウスよりもかなり右にボールを置いているのがわかります。

この違いの理由の1つは、スイングの最下点よりもどの程度前でボールを捉えているか・・・ということだと思います。

アイアンの打ち方 | プロとアマの決定的な違いとはでもご紹介しましたが、PGAツアープレーヤーはアイアンの場合、平均してスイングの最下点よりも10センチ手前でボールを捉えている・・・というデータがあります。(インパクトの位置が最下点よりも10センチ手前ということです)。

最下点よりも10センチも手前でボールを捉えるには、ボールの位置は左足かかとや左足かかとの内側よりもさらに右に置く必要が出てきます。

こうすることで、ダウンブローにボールを捉えていきます。

ただ、ニクラウスの場合はこれだけダウンブローに打っていたわけではなく、最下点の少し手前でボールを捉えていたので、ボールの位置は左足かかとの線上でもよかったのだと思うのです。

最下点のどの程度前でボールを打つか・・・それもボールの位置には大きく関係してきます。

2.ドローボールとフェードボール

プロでも持ち球というものがあります。ニクラウスの場合は、フェードボードが持ち球で、構える際はいつもフェースを若干オープンにして、つまり開いて構えていたそうです。

フェードボールの場合は、ボールをより左に置いた方が打ちやすくなります。右にボールを置くと、右に打ち出しやすくなりますので、右に出て右に曲がる、最悪のボールになります。

また、ボールをより左に置いて構えることで、フェースが開きやすいアドレスになります。これについては今回は深く掘り下げませんが、ボールを左に置いて構えるほどにフェードが打ちやすくなる・・・とお考えいただいて結構だと思います。

ドローボールはその逆です。ボールをより右に置いて構えるほどにインパクトでフェースが閉じやすくなります。

ですから、ボールの位置というのは持ち球によっても変わってくると思います。ドロー打ちの方はより右に、フェード打ちの方は左に・・・ということになります。

正しいボールの位置とは?

さて、ここまでご紹介してきましたが、やはり大切なのはご自分にとって正しいボールの位置を探す・・・ということだと思います。

当サイトでも、正しいボールの位置とその基準についてという記事をご紹介しています。僕自身、その記事でご紹介した一般的なボールの位置よりもボール1個分程度左に置くことが多いです。

僕はドローボールが持ち球ですが、狙ったライン、打ち出したいラインよりも右にボールを出さないというショットの打ち方をするためです。ただ、場面によってはターゲットラインよりも右に打ち出すこともあります。

その時はボールを1個から1個半程度右に置きます。

ボールの位置については他にもボールの位置で多くご紹介しておりますし、ページ下部の関連ページでもご紹介しておりますので、よろしければ参考になさってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。