ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

左手のグリップはグリップエンドのギリギリまで握ってもいいの?

左手のグリップはグリップエンドのどの辺まで握ってもいいのでしょうか?

グリップエンド、ギリギリまで握ってもいいものでしょうか・・・今回はそんなことをテーマにしてみたいと思います。

ゴルフクラブについているグリップは、端にいくほどに太くなっています。これはクラブを振ったときにかかる遠心力でクラブが手からすっぽ抜けないためにそうなっています。

もし、これが上下逆についていたら・・・怖くて振れないですね。

グリップの一番太い部分を小指で握ることになるのですが、グリップエンドぎりぎりまで握ってしまうと、小指に大きな負担がかかってしまうことがあります。

そうなった時に、グリップを無意識のうちに強く握ってしまうことがありますが、それもグリップエンド、ギリギリまで握ることの1つの問題点かも知れません。

ただ、クラブは長く持つほどにヘッドスピードが上がります。

プロの中にもドライバーでどうしても飛ばしたい時は小指をグリップエンドぎりぎり、もしくは半分出る位長く持って打つという選手もいます。

ただ、それはグリップを強く握らないことが条件だと思います。

いくら長く持っても、グリップに力が入るとスピードは出ません。指に力が入ると、手に力が入り、手に力を入れると腕にも力が入ってスピードが出なくなりますので。

野球のピッチャーで、腕に力を入れて速いボールを投げる人はいないのと同じことだと思うんです。

宮里優氏(宮里藍プロの父親であり、レッスンプロ)は自身の著書の中で「グリップを長く持ってしまうと小指に力が入ってしまい、切り返し直後の負荷に耐え切れずにコックをほどいてしまう」・・・といったことを語っていらっしゃいます。

宮里藍プロはアドレスに入る際にグリップエンドに右手の人差し指を置いた状態で左手からクラブを握るそうですが、こうすることで無意識のうちにクラブを長く握ろうとしていることを防いでいるようです。

ギリギリまで持った方がいいか、少し短く持った方がいいのか・・・というのはその場面によって、またはその方によっても変わってくると思います。

ただ、基本的には、左手の小指がグリップエンドギリギリまで来るほど長くグリップを持つよりは、少し短めに握った方が多くの場合は、スイングもショットも安定するように思います。

ちなみに以前、アメリカのPGA、LPGAツアーで誰がもっともグリップを短く持っているか・・・という調査が行われたことがありますが、その際、一番グリップを短く持っていたのは男子ではタイガー・ウッズ。女子ではアニカ・ソレンスタムでした。

どちらも最強と言われたゴルファーですが、その二人ともグリップは短めに持っていたようです。

さて、グリップエンドから左手の小指までどの程度スペースがあればいいか・・・ということですが、宮里優氏はグリップエンドから左手の小指まで1.5センチあけることを推奨されています。

僕自身はグリップの一番先端の部分(グリップエンド)から左手の小指まで、2センチ弱あけています。

この辺はどの程度の長さで握った時に一番振りやすいか、ショットが安定しているか、安定して飛距離が出るか・・・などを試行錯誤してみる価値はあると思います。

短く握ればいいというものではない

グリップエンドのギリギリまで握ってしまうとコントロールが乱れてしまう・・・という場合でも、じゃあ、短く握れば握るほどコントロールがよくなるか・・・というと、そうとは限りません。

グリーン周りのアプローチショットなどは別です。クラブは短く握った方が圧倒的にクラブコントロールはよくなって、ダフリやトップも減ることがあります。

ただ、アイアンのフルショットの場合は短く持ちすぎてしまうとライ角に影響を与えてしまいます。ライ角についてはアイアンのライ角ライ角を調整する前に知っておきたいことでご紹介していますので、よろしければ参照ください。

もっと具体的に申し上げると、短く握れば握るほど、ライ角がフラットなアイアンを持っているような形になってしまい、ショットが右に行きやすくなります。また、つかまりも悪くなると思います。

ですから、若干短めであればいいのですが、あまり短く握ってアイアンでフルショットをするのは僕はおすすめしていません。

勿論、そういうボールが出やすいということを理解した上でそうするのであればよいのですが。

じゃあ、どの程度なら短く持ってもいいか、どの程度までなら、ショットが安定するのか・・・というのは、練習場でクラブを1センチづつ短く持っていって実際にショットを打ってみるのが一番の方法かなと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。