ホーム > ゴルフの基礎編 >
ゴルフ基礎編

スタンス幅:ドライバーからアイアンまでのまとめ

スタンスの幅ですが、どんな基準で構えているでしょうか?

基本はドライバーで肩幅・・・とよく言われます。そう指摘するレッスンプロも沢山いると思います。それを1つの基準にして、ご自分なりに調整していってもいいのかも知れません。

今回は、スタンスの幅を広くする理由、狭くした方がいい理由、何が基準になるのか、また、それぞれの利点や欠点などをまとめてみたいと思います。

1.ドライバーのスタンス幅を基準にする

基本は肩幅になります。肩幅といっても具体的に分からないという方もいらっしゃると思います。基本的な考え方としては、両肩の一番端(外側)の部分が両足(靴)の内側の部分に来るようにするということです。

つまり、両肩の端から垂直に線を引くと、両足の靴の内側に来る・・・ということになります。

ドライバーのスタンス幅を基準にして、クラブが短くなるに従ってスタンスを狭くしてゆきます。どれだけ狭くするかは、下記のスタンスの役割が果たせる範囲で・・・ということになります。

2.スタンスの役割

スタンスの役割は大きく分けて3つあります。

a. バランスと安定性を与える
b. 体の動きやすさを決定付ける
c. 体重移動をスムーズにする

そのためスタンスが狭すぎれば、速いスイングスピードに耐えられず、広すぎれば、逆に動き難くなります。

3.広すぎる場合と狭すぎる場合

【広すぎる】

スタンスがご自分にとって広すぎる場合は、ショルダーターン(肩の回転)や腰の回転を抑制することになります。

また、大きなスイング、速いスイングをサポートするためにはある程度スタンスを広くする必要がありますが、広すぎてしまうと体重移動がスムーズに行かなくなることがあります。

【狭すぎる】

狭すぎる場合は、肩や腰はよく回るのですが安定感がなくスイング中にバランスを崩しやすくなる・・・という欠点があります。

また、狭すぎるスイングはスウェイの原因になると指摘する専門家もいます。

4.自分なりの幅を探す

スタンスは自分なりの幅を探すことが重要だと思うんです。特にアマチュアの方の場合はプロと違って、広すぎるよりも狭い位の方がうまくいくことが多いようです。

また、少し太めの体型の方の場合はスタンスを狭くした方が体が回転してよい場合が多いですし、年齢を重ねて体が硬くなったと感じる方、バックスイングで十分に体を回転させられないと感じている方にも広いスタンス幅よりもやや狭い位のスタンス幅の方がバックスイングがスムーズになることもあると思います。

・・・という風にここまでスタンス幅について書いてきました。
一番大切なのはご自分にあったスタンス幅を探すということだと思います。

自分にあったスタンス幅は、バランスがとれていること、動きやすいこと、体重移動がしやすいこと・・・この3つを満たしているかどうかで判断するとよいと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。