ホーム > スライスの直し方編 >
スライスの直し方編

スライス矯正に効く5つの素振りと練習方法

今回はスライス矯正に効果がある素振り方法をいくつかご紹介させていただきたいと思いますが、注意点が2つあります。

1つ目は、素振りはグリップが間違っていては何の意味もなくなってしまう・・・という点です。

スライスの原因の多くはグリップの握り方にあって、僕はグリップを見直してみることがスライスを直す一番の近道だと思っています。

素振りはその後でも遅くはないと・・。グリップに関しては、ゴルフ基礎編に多く記事を掲載していますのでそちらをご覧いただければ幸いです。

2つ目は素振りの効果が出てくるまでには時間がかかる点です。レッスンプロによっては10日間は継続しないと効果がないと指摘する人もいます。

1.右手の平をフェースに見たてる

これはドライバーでもアイアンでもいいのですが、まず、いつもの通りにアドレスをとります。

グリップも握ったら、次に右手の平を開いてください。そして、その開いた右手の平をグリップの右横に当てがっておきます。

この状態で素振りをします。

バックスイングをして、ダウンスイングに入って右手が腰の高さに来た際に右手の平が斜め下を向いているようにします。角度としては45度程度でしょうか。

そして、インパクトですが、右手の平が地面を向いているような形になるように意識してみます。

この通りにショットを打つと大きなフックが出ますが、実際にボールを打つ際は遠心力がかかりますので、そこまでフェースは閉じないと思います。

2.右肩を高くしながら右足を踏み出す

まずは普段通りに構えます。クラブがインパクトを過ぎてから、右足を一歩前(ターゲット方向)に踏み出します。

この時、右肩が高くなるような意識で右足を踏み出してみます。

下からあおり打っているような方やプッシュアウトスライスなどを打っている方にも有効だと思います。

3.腰を掛けた状態で水平にスイングする

これはゴルフ場のベンチなどに座ってできる素振りです。

まずベンチに腰掛けます。次にクラブを自分の胸の高さで水平に振ってみます。これを繰り返すことでクラブをよりフラット(水平)に振るような意識が出てくると思います。

アップライト(縦振り)のスイングでスライスを打っている方にも有効です。

4.両膝を地面につけて素振り

これもスライス矯正には効果があると思います。やり方は簡単で、両膝を地面につけた状態で素振りをします。

下半身を使いすぎている方や右手をダウンスイングで返してゆけない・・・という方にも効果があるのではないでしょうか。

5.右手一本で振る

これは度々ご紹介してきた練習方法の1つです。クラブは9番アイアンなどショートアイアンを使い、左手は左の腰に当てておきます。

この状態で右手一本で素振りをします。

慣れてきたら、実際にボールを打ってもいいと思います。

この練習をすることで右手の使い方がわかってくることがあって、スライスを直すには最適な練習だと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。