ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイングと体重移動:スウェイを防止する方法

これまでにも体重移動については色々とご紹介してきました。ゴルフスイング編に多く掲載していますので、その辺も参考にしていただければ幸いです。

今回は、体重移動とスウェイという点についてご紹介したいと思います。

スウェイとは?

スウェイとは(スエーを表記されることもありますが)、ゴルフスイング中に体が右や左に大きく流れてしまうことを言います。(スウェイの原因と直し方参照)

バックスイングもしくはダウンスイングのどちらもスウェイすることはあるわけですが、今回はバックスイング中のスウェイについてお話したいと思います。

バックスイング中に腰や体が右に流れると、ダウンスイングでボールを打つために、左にスウェーしなければボールを打つことができなくなります。この打ち方をしてみるとわかりますが、とにかくボールが飛びません。ヘッドスピードも上がらないのです。

体は正確に言うとバックスイングで若干右へと動きます。体重が移動するためです。ですが、それが右に動き過ぎてしまうと、体重移動をいくらしても、パワーが逃げてしまうのです。

スウェイをする人の特徴

スウェイをしている方を見ると殆どの方があることをしています。

それはアドレスでの背骨の角度なのですが、殆どの人が背骨が殆ど地面と垂直になっています。つまり、右肩の位置が高すぎるわけですね

こんな実験をしてみたいと思います。

普通に真っ直ぐに立ってみます。次に両足を肩幅程度に開きます。体重は両足に均等にかけます。

この状態で右に回転してみてください。体重移動は意識しないでください。

体重はどこにかかっていますか?

きっと両足に均等にかかったままだと思います。ゴルフスイングで同じことをすると、体重移動ができないことになります。

では次に同じように立って、今度は体重を右足に無理にでも移動させてください。体を右に回転させます。体重は右足に移動させてください。

どうでしょう?腰が右に流れませんでしたか?きっと殆どの方がそうなったと思うんです。これがスウェイ・・・ということになります。

では、今度は真っ直ぐに立って、両足を肩幅程度に開いてください。前傾はしなくていいので、体を右に少し傾けてください。

次に今までのように右に体を回転させてみてください。

どうでしょう?今度は右足に簡単に体重が乗ったと思うんです。なのに、腰は殆ど右に流れていない。

今回はわかりやすくするために前傾することは省きましたが、同じことをゴルフスイングでもしてあげれば、スウェイしないで体重移動することが簡単にできるようになるはず・・・です。

右肩を下げて構える、背骨を右に傾ける

これは当サイトでは何度も何度も書かせていただいていることなのですが、もう一度書かせていただきたいと思います。

上記のことを実践するには、まず構えた際に、右肩を左肩よりも下げる必要があります。(左利きの方はその逆)

右肩はグリップで右手が左手よりも下にくる分だけ下げます。右肩を下げると、背骨も自然と右に傾くはずです

このようにして、右肩を下げて背骨が右に傾いた状態だとバックスイングで回転するだけで右足に体重が乗りやすくなります。

ところが、体重移動がうまくできない方、スライサーの方などはアドレスで構えた時に右肩の位置が高すぎて背骨が地面と殆ど垂直になっています。

こうなるともう、腰をスライドさせるしか体重移動の方法はないわけです。

右肩を下げた状態で右手をグリップしてみてください。グリップしてから右肩を下げるのではなく。そうすることで、右手のグリップも少しストロンググリップになると思いますので、スライスも改善すると思います。

回転するということ

バックスイングは体を右へと回転させる運動です。この時、肩を回転させることを意識する方は多いと思います。でも中には腰の回転を抑制しようとしている方もいます。

この肩と腰の捻転差がパワーを生むというゴルフ理論を実践されていらっしゃるのだと思います。

ただ、僕はその考え方には反対で、むしろ、腰を右へと回転させる意識でいた方が体重移動はうまくいくと思っています。

真っ直ぐに立って、右に回転してみるとわかりますが、肩の方が自然と大きく回すことができます。つまりゴルフでよく言われる捻転差というのは、考えなくても人間の構造上自然とそうなるもの・・・というのが僕の考え方です。

また、肩を大きく回転させるほどバックスイングは大きくなり、飛距離も出るわけですが、肩というのは腰を回転させた方が大きく回転します。

ですからむしろ、腰を右へと回転させる。意識としては、右の骨盤を右に回転させるイメージでもいいかも知れません。そういう意識でスイングしているプロもいますので、一度試してみても面白いかも知れません。

右の骨盤を回転させ、体重が自然と右足に乗る構え方をすることで、体重移動は簡単になり、スウェイも防止できるのではないかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。