ホーム > ゴルフスイング編 >
ゴルフスイング編

ゴルフスイングと縦振り、横振りについて

ドライバーのスライスとアップライト・フラットなスイング軌道では縦振り、横振りについて少し触れました。

縦振りはアップライトなスイング、横振りはフラットなスイング・・・とも言われますが、ゴルフスイングは縦振りなのでしょうか・・・それとも横振りなのでしょうか?

縦振りと横振りの特徴

ここでは少し極端な縦振り、横振りについて考えてみたいと思います。

縦振り、いわゆるアップライトなスイングはスイングのトップの位置(両手の位置)が高くなりやすく、ダウンスイングではクラブヘッドが飛球線の外側から降りてきやすい、つまり、アウトサイド・インのスイングになりやすい・・・という特徴があります。

横振り、いわゆるフラットなスイングはその反対で、トップの位置(両手の位置)が低くなりやすく、ダウンスイングではクラブヘッドが飛球線よりも内側から降りてきやすく、インサイド・アウトのスイングになりやすい・・・という特徴があります。

また、クラブとの相性ではないですが・・・それぞれの番手とスイングのタイプで考えると・・・

縦振りはアイアンなどではダウンブローに打ちやすく、縦振りでスイングしている方の中には特にショートアイアンなど短いクラブを得意にしている方もいらっしゃいます。

ただ、縦振りの方の中には、特に長いクラブがうまく打てない、苦手という方もいらっしゃるようです。

横振りはインサイド・アウトで振りやすいため、特に長いクラブ、フェアウェイウッドやドライバーなどでは飛距離が出ることもあります。

ただ、横振り、つまりインサイド・アウトで振っている方の中にはショートアイアンなどが苦手・・・という方もいらっしゃいます。

・・・と、ここまで極端な縦振り、横振りについて見てきましたが・・・実際のスイングはというと、縦振り、横振りというよりも・・・そのクラブ(番手)に適したスイングプレーンというものがあるのだと思います。

また、打とうとしているショットによっても、自分に適したスイングは変わってくるもので、フェードボールを打つ方は若干縦振り、ドローボールを打つ方は若干横振りの方が球筋との相性はいいかも知れません。

縦振りでスライスが出てしまう時は横振りに

さて、縦振り過ぎてしまうとどうしてもスイングがアウトサイド・インになりやすく、スライスが出やすくなります。

ドライバーのスライスとアップライト・フラットなスイング軌道でもそんなことについて書かせていただきました。

じゃあ、縦振りではなくてどの程度横振りがいいのか?

・・・ということになると思うのですが、これを体感する良い方法がありますので、ご紹介したいと思います。

まず、クラブを持ちます。ドライバーでもミドルアイアンでも結構です。ボールは打ちません。

いつものように構えますが、前傾姿勢はとらず、真っ直ぐ、背筋を伸ばして立ってください。

クラブも握りますが、シャフトが地面と平行、もしくは背骨に対して垂直になるような形で構えます。

後はいつも通りに構えます。

さて、この形で素振りをします。クラブはシャフトが地面と平行のまま(シャフトが背骨と垂直のまま)・・・バックスイングして、そして、ダウンスイング、フォロースルーまで振ってみてください。

実際には、シャフトが地面と平行のまま・・・という形では振り難いので・・・若干ヘッド側が上がっているような形でも構いません。あくまでもイメージの中では地面と平行に・・という感じです。

このような形で振ってみると・・・感覚としてはまさに横振り・・・でしょうか。

この形で10回ほど素振りをしてみます。

次にその感覚のまま、次は通常のショットの時のように前傾姿勢をとって(クラブヘッドも地面まで降ろして)、そして、素振りをします。

先程の、シャフトが背骨と垂直になるような感覚のまま・・・素振りをしてみます。

スイングはシャフトが背骨と垂直になるように振っていた感覚で、ただ、前傾した分、若干縦振りになるような感じ・・・でしょうか。

この形でスイングすると、今まで縦振りでボールを打っていた方は、かなり横振りのような感覚になるかと思います。

縦振りでスライスを打っている方は、その位、つまり、横振り過ぎると感じる位でちょうどよいのかも、知れません。

ただし、ウィークグリップでスライスを打っている方がいきなり横振りにすると、縦振りの時よりもフェースがスイング中に余計開いてしまうことがありますので、この場合はスイングプレーンは横振りのまま・・・グリップも同時に見直してゆく必要があるかと思います。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。