ホーム > ショートゲーム編 >
ショートゲーム編

パッティングのストロークを始動するタイミング

ゴルフスイングをスタートさせる際、トリガーなどと呼ばれることもありますが、スタートの合図またはきっかけのようなものになる何かを自分の中で持っておくと、スイングを毎回同じようなタイミングでスタートさせることができるようになることがあります。

プロであれば、殆どの人がこのトリガーを持っていて、それは例えば、ワッグルであったり、軽い足踏みであったり・・・と色々です。

パターでも、同じようにパッティングのストロークをスタートさせる合図のようなものを自分の中で作っておくことで、それがスムーズなストロークにつながったりします。

これはテークバックをスムーズに始動させる方法に詳しく書かせていただきましたが、その合図、またはトリガーは

1.1度だけ使う
2.テークバックの前に使う
3.体の一部を使う
4.毎回同じことを同じタイミングで行う

・・・ということがポイントになってきます。これについてはテークバックをスムーズに始動させる方法で詳しく記載させていただいたので、今回は省略致します。

ストロークをはじめるきっかけ

このトリガーが何故スムーズなストロークにつながってゆくのか・・・ということですが、ゴルフスイングにしてもパッティングにしても、基本的には静止した状態から動き出すことになります。

完全に静止した状態からリズム良く動き出す、いつもと同じようなテンポで動く・・・ということは僕は難しいと思っていて。

だからこそ、ワッグルなどが効果的なのかなと、思うんです。

パッティングの場合も同じだと思います。パッティングで使われるトリガーですが・・・先ほどの

1.1度だけ使う
2.テークバックの前に使う
3.体の一部を使う
4.毎回同じことを同じタイミングで行う

・・・ということが前提になってきますが、

①ワッグルをする
②指(どの指でも)をグリップから一旦離してから、また戻す
③軽い足踏み
④グリップを少しだけターゲット方向に動かす(フォワードプレス)

・・・などなど、色々な方法があります。

パッティングの場合、アイアンやドライバーの時のようにワッグルする人は殆どいないと思いますが、パターのソールを芝にポンポンと弾ませるようにしてワッグルする・・・そういうプロもいます。

ポンポン・・・と弾ませる時にリズムやタイミングをつかんでいるのかも・・知れません。

足踏みも効果的かも知れません。この場合、足全体を地面から浮かすよりも・・・両足のつま先を軽く交互にパタパタと浮かすような感じでもいいかも知れません。

いずれにしても完全に静止した状態からストロークをスタートさせるよりも・・・体の一部を動かしながら、それを合図にすることで、パッティングのストロークもスムーズなものになると僕は思ってます。

スコアが劇的に変わった人が実践したゴルフ理論とは
↑僕も実践してみました。その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。一度ご覧になってみてください。